そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

【iTunes Store 映画#107】ランド・オブ・ザ・デッド(字幕版)

スポンサーリンク

 

iTunes Store映画、鑑賞メモ#107、『ランド・オブ・ザ・デッド(字幕版)』です。

ネタバレ等のご注意

 

ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005-12-23)
売り上げランキング: 20752

 

レンタルで初見。

これは観る前に賛否両論をあると知ってはいたけど、観てみて、ボクはどちらかというと「否」の側です。

いろいろ思うところはあるんですが、簡単に言ってしまうと「ゾンビに自我はいらない」。

なんというか、恐怖の対象としてのゾンビには「意味が分からない」という怖さを持っていて欲しいし、その対局として人間には意味の有る怖さでバランスを取って欲しいのです。

もうひとつの不満点はジョン・レグイザモの使われ方。

あのネチっこい顔、演技が最大限に発揮されたのは『ロミオ+ジュリエット』だと思っているのですが、そこをピークとしてみると、今回は60点くらい。もっと彼の味を活かす映画を観たい。

逆に、サイモン・ベイカーが惚れた腫れた無しの役をこなしているのには感心したけど、この人の魅力はやっぱり惚れた腫れたなんだなーって思った。

 

 

【スポンサーリンク】