そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

ポイ練習記:18日目

スポンサーリンク

ソックスポイも大分しっくり来始めた今日この頃、今回は結構バラエティーに富んだ練習でした。

まずは、いつもどおりハイリール・ローリール、リールターンなどでウォーミングアップ。3ビートウィーブなどよりは、ウォール面を使う動きを今の所重要視しての選択です。

 

前回、ウォール面の不安定さをかなり感じたので、今回はウォール面の練習から入ります。バタフライメキシカンウェーブは前回までで覚えているものの、動画でとってみると、なんとも面が斜め過ぎです。

これはもうウォール面になれるしかない、と思いスレッド・ザ・ニードルBTBバタフライなども練習に加えました。

オポジットの回転(左右が時計回りと反時計回りという逆の回転になること)のポイの廻り方が見えて来ると、スレッド・ザ・ニードルのような交差系も結構すんなり入れるので、これらの動き自体はそこそこ早く覚えられたものの、やはり課題となる面の作りが安定しないです。「ダニエルさん、ワックスかける、ワックスとる」みたいなわかりやすいコツがあればいいんですけどね。

ちなみに、もうひとつテイクアウトという動きの練習もしたんですが、テイクアウトの説明に書いてある4カ所で廻す、というのができず、はじめの手を交差した側の脇の下でうまく回せなくて、その次から3カ所でやる似非テイクアウトどまりとなってしまいました。でも、テイクアウト、動きとして結構楽しいです。

 

もうひとつ、今回やった動きはこの動画の0:17からの動きを観てカッコいいなぁ、と思った、背中で廻す3ビートウィーブです。

Swing Poi - Tribe & Psychogarden - 2007

※RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

はじめは背中で交差する練習からはじめたんですが、これがまた難しい!

前回しをしてるときの背中側で交差するんですが、角度がちゃんとなっていなくて、肩や後頭部付近にポイが激突します。

何度か練習しても、ようやく2〜3回廻るようになるレベル。それでも強引に2ビートウィーブの練習まで持って行きましたが、出来て1、2回くらい。

初めて後ろ回しで2ビートとか3ビートやったときよりも難しいですよ、これは。

でも、この動画を見ていると、すんげえ楽しそうなんです。

 

 

しばらく、ウォール面と背中3ビートの練習にハマりそうです。たまにはインフィニットポイもつかってあげないとな。

 

ポイに関するエントリーたち

 

【スポンサーリンク】