そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

アサラトバトルトーナメント3連覇王者、PANMANさんのパフォーマンスにシビれた件

スポンサーリンク

アサラトは楽器です。

ボクのような初級者は練習していると、リズム楽器としてではなく、技(振り方)みたいなのを一生懸命練習するんですね。

はじめはもちろん基礎をちゃんと練習しなければいけない。フリップフロップとかハングとか、基本の振り方をきちんと身につけないと、リズムが安定しない。

 

でも、なかなかシンプルな振り方だけだと、それが楽器だということを忘れちゃいますし、なによりボクのような秒殺の飽きっぽさを持つ人だと、やっぱり飽きてきてしまう。

そういう時に観るとイイなーと思うモチベーションアップ用の動画に、アサラト界のトリックスター(と勝手に命名してしまいます)MENDERさんのアサラトバトルレポートで出会ってしまったので、ご紹介します。パねえっす。

 

Busking @ Tokyo Koenji with Kakky and Panman

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

もう、なんじゃコリャの世界のオンパレード。PANMANさんのアサラトは改めて本当にかっこいいです。何がカッコイイか、と言うと、画面を観ずに音だけ聴いていてもスゴい乗れるんです。この3人でバンドとして音源を出して欲しい。で、画面を観ると、ヒョイヒョイ投げてるじゃないですか。

口琴のアシッドさはヤバいし、そしてパンデイロ、あぁ、パンデイロ…

 

 

安西先生・・・俺パンデイロがしたいです・・・

 

 

 

世界最小のドラムセットかもしれない
山羊皮パンデイロ コンテンポラネア PDMV105C

【スポンサーリンク】