そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

コーヒー定期便が3か月間半額だったので申し込んだ。

スポンサーリンク

Beans Delivery Service | コーヒー定期便 | THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)

焙煎後2日以内のコーヒー豆が自宅に届くTHE COFFEESHOPのこのサービス。詳細はリンク先を見ていただくとして、2017年10月31日までの新規/追加申し込みで3か月間、通常の半額になるセールをやっていたので、申し込みました。

f:id:dubstronica:20171007130902p:image

私は毎日コーヒーを飲みます。涼しくなってきた最近は水出しコーヒーをセットしておいて、飲む分だけレンジで温めて飲んでいます。いわゆるダッチコーヒーというやつですね。夏はずっとアイスで飲んでいました。1回の抽出に40gの豆を使い、約2杯分450mlを抽出します。普通にハンドドリップするよりは使う豆の量は多めですが味はかなりサッパリしていて、飲み過ぎ注意です。

家で作る水出しコーヒーが予想以上に良かったから毎日作っている。 - そのドアを開けたらゾンビがいる

ハンドドリップやエアロプレスを使ったりマキネッタでエスプレッソを出したりする回数は減りましたが、パンチのあるコーヒーを飲みたい時に使っています。

毎日水出しコーヒーをセットするようになってコーヒー豆の消費量が増えたので、それまでは気分でいろんなお店でシングルオリジンの豆を買っていたのをやめて、比較すると安いブレンドで多めの量を買うと安く、しかもドリップでも水出しでも美味しかったアマメリア・エスプレッソのマロン・ブレンドを愛飲しています。通販ではなく月1、2回通ってます。大好きなお店です。100gあたりの価格はシングル・オリジンで選んでいた時の半分くらいにおさまってます。400円しないくらい。たまに飲むコーヒーではなく、毎日飲むコーヒーとして考えて1杯80円程度。

いわゆるサードウェーブ系と言われるようなお店でシングル・オリジンの豆を買うと100gあたり800〜1,000円くらいはすると思うので、その頃に比べるとコストはかなり下がりましたが、豆のクオリティーは変わってないと思うので、デイリーユースとしては大満足です。

 

今回、コーヒー定期便を試してみようと思ったのはズバリありえない安さの価格で、しかも普段飲んでるブレンドとほぼ同じ価格帯で、シングル・オリジンの豆を月4種類、焙煎後2日以内発送で送料無料という元々しっかりした内容のサービスを使えてしまうので、そんなことして大丈夫!?と変にTHE COFFEESHOPのことが心配になってしまう。

ちなみに実店舗は代官山に行く時にわりと利用していて、ドリップ買って飲んだり豆も買ったことはあるので、届くもののクオリティーに関しては何の心配もないです。鉄のストローを以前ここで買っててアイスコーヒー飲む時に愛用しています。抽出方法などのコンテンツがWebに充実しているのもTHE COFFEESHOPならではの良さです。

MAGAZINE 全記事 | THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)

 

ということで、来月から3か月、普段のブレンドはお休みして、THE COFFEESHOPのセレクトしたシングル・オリジンで毎日のコーヒーを入れます。3か月後にはまたマロン・ブレンドに戻ろうと今は考えていますが、定期便の利便性を体験した後でどう思うかはわからないので、それを含めて今から楽しみにしています。

 

【スポンサーリンク】