そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

iTS限定、O.N.Oの『VIEW TRACKS:Nike+ Original Run』

スポンサーリンク

ono.jpg

ちょうど1年くらい前に、意外な人選だなー、と思った『iTS限定、rei harakamiの『River:Nike+Original Run』』も、今回の人選と比較すると、すごく真っ当に思います。それくらいびっくりさせられた今回の「Nike+ Original Run」は、なんとO.N.Oさんです!

これは、さすがにいてもたってもいれず、さっそく購入しました。

O.N.O『VIEW TRACKS:Nike+ Original Run』 O.N.O - VIEW TRACKS: Nike+ Original Run

O.N.OさんはTHA BLUE HERBのトラックメイカー、というのが一般的な説明になると思います。日本のトラックメイカーの中でも、卓越したマッシブなビートを紡ぎ出す人です。言葉で言うとなんかすごく安っぽくなるので、試聴できる人は試聴を、買える人は買うなど、どうにかしてその音を聴いてみてもらいたい人の一人です。

"six month at outside stairs" (O.N.O)

iTSのアルバムノート、というのを読んでいたら、今年秋にソロアルバムが出る模様。1stソロの『six month at outside stairs』がハウス的ながらも、すごくストイックにぐいぐいとビートで引っ張って行くというイメージだったので、2ndはどうなるだろう?という想像をするまえに、おそらくその2作の間を埋めてくれるであろうアルバムがこの『VIEW TRACKS:Nike+ Original Run』だと思うんですが、これ、控えめに言って、す ん ご い か っ こ い い 。


iTunes.jpg


こんなのを聴いて、ランニングとかジョギングとかしちゃったら、ロッキー(1)どころの話じゃないくらいのストイックさですよ。やばい。これはもうフットバッグをこれ聴きながらやったら、トーストール500回くらいは余裕で出来ちゃうんじゃないか、というくらいの勢い。

Nikeがどんなコンセプトで今回の人選に至ったのか、さっぱりわかりませんが、すばらしい仕事すぎます。そして、そこまでしてストイックにやるジョギングの切羽詰まった感じを是非CMかなんかにしてもらいたいッ!

ちなみに言っておきますが、この『VIEW TRACKS:Nike+ Original Run』は全曲書き下ろし、新曲です。しかも、8PのPDF付きで、O.N.Oさんのインタビューまで収録されています。そこで使われている写真の中には、プライベートスタジオの写真もあり、Macの前にどしんとMPC4000が置かれています。こういう写真はよだれが出ます。

 

O.N.Oさん好きな人は、聴かない手はないし、これを読んで少しでも興味を持ってくれた方がいるならば、せめて試聴だけでもしてみてください。このアルバムの中には1曲だけ無料のトラックがあります。いつまで無料かは知りませんが、まずはそれをダウンロードして聴いてみてください。

O.N.O - VIEW TRACKS: Nike+ Original Run - 「View Tech」 O.N.O - VIEW TRACKS: Nike+ Original Run - View Tech

はやく、これを聴きながら、フットバッグしたい。ストイック・フットバッグになること必須!不思議なことに、目を瞑って寝っ転がって聴いていてもすんごい気持ちいいです。出来れば、そこそこ良いヘッドフォンかスピーカーで浴びるように聴くことをお勧めします。

【スポンサーリンク】