そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

しまった!

スポンサーリンク

すっかり忘れていました。ナンだ!?を見忘れました。。今日は甲野さん出演の古武術特集の後半をやるはずだったんですよね。ショック。

観た方、どんな内容だったか、是非教えてください。

最近は全然履けていないんですが、うちには一本歯下駄があります。これは本当にはいた人しかわからないかもしれませんが、一本歯下駄を履いて歩いた場合、足首のスナップが効かなくなります。いわゆる「蹴る」動きですね。足首のスナップでは蹴れなくなりますl。

一番近いのは竹馬です。あれも、あたりまえですが、足首でスナップを効かせてける、ということは出来ません。一本歯下駄の場合、足の裏(足の平?)が常に重力(地面ではない)に対して垂直なります。ためしに、足首をがっちり固めるように動かさずに歩いてみてください。そのままではすごく歩きづらいと思います。これに手の振りを出した足と同じ側を前に出す、普段歩く方法と逆にすると若干歩きやすくなります。

おそらく、おそらくですが、ナンバ歩きはこれに近い要素があると思います。

一本歯下駄のすごさを一番感じたのは山道です。以前、山道を一本歯下駄を履いて歩いたんですが、このときも同じで足の裏が重力に対して平行なまま歩ける為、坂道が坂ではなくなるんです。坂を歩くときはたいていその斜面にあわせて足の裏も角度が付いて足首にも負担がかかるんでしょうが、一本歯下駄を履いて歩くと重力と垂直になっている為、ほぼ平地を歩くのと同じような感覚で坂道を歩けました。これは本当にすごいんです。いわゆる古武術にも一本歯下駄にも興味の無い人間に履かせて歩いてもらっても、はっきりわかるみたいです。明らかに負担が違う、ということが。

しかも、30分くらい一本歯下駄を履いて歩いた後、普通の靴で歩くと、それまでの感覚が残っているので、なんとなくナンバ歩き的なすり足、というか不思議な歩き方が出来ます。このときも、手と足を一緒に前に出して身体を変にひねらない方が歩きやすかったです。

ナンだ!?で古武術や一本歯下駄を知った人は、是非試してみることをオススメします。飽きたらやめればいいんですから。でも、オモロいですよ。

ちなみに、コンクリートで舗装されている道路を歩くと結構カランコロン言います。いや、歯が一本なんで正確に言うと、カ、カって感じです。あと、12、3センチ身長が高くなるので、目線が変わってオモロいですが、周りの人の視線も明らかに変わります。でも、オススメ。最近ではAmazonでも買えちゃうみたいです。知らなかった。。

秦運動具工業 一本歯下駄 一本歯下駄

秦運動具工業

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】