そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

うわっ、カレー食いてえっ!

スポンサーリンク

そんなこんなで、シタール・ビートですよ。かっけーよ、かっけーよ。お嬢さん、大丈夫ですか?と駆け寄るよ。

ライナーの中で、二木信さんが「ブラック・エクスプロイテーション、日本で言えば70年代の日活系のサントラ」という趣旨の表現をしていたが、本当に、インドカリーの店でその手の音楽がかかっていたらこんな感じだろうよ節、全開。某インド料理店によく通っていたので、インディー・ミュージック=食欲、くらいに抵抗ないし、やばいよ、来たよ、ボリウッド熱が。家で鍋しながらとか聴きたいね。ヤッラー!

Pcd2688 シタール・ビート! インディアン・ヘヴィ・ファンク・コレクション

オムニバス

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】