そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

『Klipsch Image X10i』|耳の中の空間が倍広くなるイヤフォン

スポンサーリンク

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093517.jpg

先日、断線して現役を退いた『Klipsch X5』、ちょう愛用していたイヤフォンですが、その後継としてついにイヤフォンを新調しました。

ずーっと使いたくてたまらなかった上位モデル『Klipsch X10i』です!

これは、ホントにラグジュアリーだ。

さっそく開封の模様を。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093705.jpg

箱に入ったKlipsch Image X10i

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093210.jpg

ジュエリーボックスのようなケースに収納されています

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093422.jpg

ダイヤモンドは永遠の輝き

 

http://farm7.static.flickr.com/6240/6311875822_d0ea99b72d.jpg

イヤフォンの下にはイヤフォンケースが

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093845.jpg

内容物一式

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093327.jpg

シンプルなリモコンはマイクも兼ねている

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093635.jpg

サイズはこんなに小さいし軽いので耳への負担はかなり少ない

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093321.jpg

同じくKlipschのImage S4iとイヤーピースを外して比較してみる

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093836.jpg

X10iの細さ、小ささが際立つ

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093509.jpg

S4iもコスパの高いとても良いイヤフォンです

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093513.jpg

流線形というのだろうか、ぬーっと伸びた

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dubstronica/20170927/20170927093854.jpg

シャツなんかに留めるクリップは取り外し可能

 

photo

買ったばかりのiPhone 4Sとの相性もばっちりなカンジ

 

商品説明動画もありました。

 

Klipsch Image X10i In-Ear Headset with Mic and 3-Button Remote

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

 

装着は、耳の奥にかなりしっかり入れます。ズズズッと入れていくと止まるポイントがあるのでそこまでしっかり入れます。

で、肝心の音を味わうために、今回もこの人のアルバムを聴きます。

 

liminal(初回限定盤)(DVD付)

posted with amazlet at 11.11.04
砂原良徳
KRE (2011-04-06)
売り上げランキング: 24319

 

 

 

オープニングの時計の音のようなピッ、ピッ、ピッから先のいろんな音が混ざってくるあたりで、耳の奥のスペースが、それまでのピッ、ピッ、ピッのタイトな鳴りの時よりも倍くらい広くなってコンパクトなワンルームかと思って扉を開けて入って行ってみたらLDKの対面型キッチンだったくらい耳の奥が体感的に広がっていきました。

 

『 Between 9 to 0 』ROPPONNGI SUMMER NIGHT Vol.02

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

もう、音があっちからグワワワワワワァってやってくると静かな部屋で音を大きめにX10iで聴いているとちょっとのけぞる。グワワワワワワァってやってくるから。

そして広くなった空間を有意義に音が配置されるカンジがするので、このあたりにはこの音が当たってて、こっちはこの音がツツイてる、みたいな気分になる。

 

 

空間ということなら、と聴いてみたくなったアルバムがコレ。

 

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5
ビル・エヴァンス スコット・ラファロ ポール・モチアン
ユニバーサルクラシック (2007-09-19)
売り上げランキング: 98495

 

 

 

 

これもやっぱりステキで、左の耳の真ん中よりも少し手前の上の方をスコット・ラファロのベースがベース音でトントンと刺激して、ポール・モチアンのブラシがそのもうちょっと奥の真ん中から下をまさにブラシでサササっとやってる。

 

Bill Evans Trio - Gloria's Step (Take 2)

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

ビル・エヴァンスのピアノは頭(顔)の丁度真ん中から右耳よりのあたりでメロディーを奏でてる。それが宇宙服のヘルメットみたいな空間の中でなっているようなそんなカンジがするのです。

 

もともと好きなイヤフォンのメーカーだ、というのを差し引いても、この軽さと音の良さ、変なクセのなさは、もともとKlipschに感じている塩だけ振れば十分美味しい採れたての野菜みたいな音の気持ちよさとして毎日の移動中の耳を潤してくれると思います。

 

 

スペックは以下のとおり。

 

周波数特性 5 Hz – 19 kHz
レベル 110 dB SPL/mW (1mW)
インピーダンス 50Ω
ドライバ・コンポーネンツ Full Range KG926 (バランスド・アーマチュア)
構造 アルミニウム製本体 (酸化皮膜処理/銅色)
遮音性 - 26dB
ケーブル長 125 cm
差込プラグ 3.5 mm
重量 10.5 g
その他 Apple製品互換スリーボタン・リモコンマイク搭載

 

大事に長く使いたいイヤフォンです。

 

Klipsh Apple製品互換スリーボタン・リモコンマイク搭載イヤホンIMAGEX10I
Klipsch Audio Technologies (2010-03-26)
売り上げランキング: 8611

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】