そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

New Wave Of NWOBHM from France!!!|『AUDIO, VIDEO, DISCO』Justice

スポンサーリンク

 

オーディオ・ヴィデオ・ディスコ(初回限定スペシャル・プライス)
ジャスティス
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-10-26)
売り上げランキング: 302

 

遂に出ました、Justiceのニューアルバム『AUDIO, VIDEO, DISCO』。

さっそく入手して聴きましたが、これは全然ディスコじゃない!むしろメタルやプログレ側にグググっと迫っています。

 

Justice - AUDIO, VIDEO, DISCO.


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

Justice - Civilization


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

アルバム全体通して聴いてみて思い浮かんだのは、アイアン・バタフライのようなヘヴィーなサイケデリック・ロック、そして様式美あふれるジャーマン・メタル、どっちもダンスフロアには程遠いような感じがしますが、あのマーシャルを積み上げまくったライブセットでこの音が聴けるとなると、来日公演が待ち遠しすぎます!

 

ー追記ー

と、軽くまとめてはみたものの、聴けば聴くほど興奮が止まらなくなるこの『AUDIO, VIDEO, DISCO』。

正直、これは幅広く評価されるのだろうか?と心配になるくらい、その興奮の理由はやっぱり「メタル感」にあると思います。

アルバムを再生してすぐに包まれるこの高揚感はなんだろう?と思っていたら、Rainbowの『Rising』の1曲目「Tarot Woman」に感じた興奮とスゴく近いことに気づきました。

 

Rainbow - Tarot Woman


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

粒の揃ったリフの刻み具合なんかIron Maidenのライブでの整列シーンを思い起こすかのよう。

 

Iron Maiden Can I Play With Madness (Studio Version)


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

「キメ」に対するコダワリっぷりはジャーマンな香りがプンプンにおってきます。

 

MSG assault attack

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

もう、ここまで来ると、Burrn!はJusticeを表紙&巻頭インタビューでエクスクルーシヴ!に取り上げていただきたいものです!

 

 

 

【スポンサーリンク】