そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

ロードバイクに乗り始めて2ヶ月が経とうとしています。

スポンサーリンク

 

36df05bd99b244eb9fc61f6a565dc251_7そろそろロードバイク「Bruno 700C Tour Solo 105」に乗り始めて2ヶ月が経とうとしています。

2ヶ月間毎日乗っているわけではなく週末ローディーなので、もう2ヶ月?なのか、たった2ヶ月?なのかわかりませんが、生活に及ぼす影響はかなり大きなものになってきたので、いくつかまとめておこうと思います。

 

良い運動を結果的にしてるっぽい

ロードバイクに乗ることに慣れてきて、徐々に走行距離が増えて行っています。初めは1時間で帰ってくるような距離を走っていたのですが、それが片道1時間に、2時間に、と徐々に距離が伸びて行っている。

片道2時間って往復だと4時間ですよ?折り返し地点では朝ごはんを食べるようにしているのでそこで休憩したり写真撮っちゃったりして、走ることが楽しくて仕方がない。

でも、当たり前ですが、4時間有酸素運動をしているんですね。しかも割りとしっかり走ってる。坂道なんかがあったりすると、頑張って登ってる。こないだ4時間走った時の帰りの緩やかで長い坂道とかはさすがにココロが折れそうになったりしたけど、登り切った後の爽快感とか、その後のラクさ加減とかハンパない。

今のところ週に50kmを目標に走るようになっているのですが、これ、そこそこの運動ですよね。あんまりそういう自覚はないのですが、継続するとどういうことになるのか、ちょっと楽しみ。

 

週末、早寝早起きするようになった

ボクがロードバイクに乗るのはもっぱら交通量の少ない週末の午前中。しかも、最近は片道2時間を越えることもあり、早く起きて出かけないと道路が混む時間に入ってしまいます。

そのため、ゴルフ好きが早起きするように、朝6時とかに起きたりしています。起きてすぐゴー!という訳でもなく、タイアの空気圧を一応確認してみたり、汗をかいてもいい格好に着替えたり、走る前には準備運動すらしている。

金曜日なんかはそのために早寝している。寝不足で走ったりとかはやっぱり気分も良くないし、せっかく走るからにはそこに合わせて体調を万全にしたい。いつまで続くかはわからないけど、今はそういうのがすんごい楽しい時期です。

走った日は程よい疲労感で夜もコテンと寝てしまいます。

 

そこに自転車で行く、という楽しみを見つけた

ただ闇雲に走り回っているわけではなく、やはり目的地(中継地点)を定めて走っています。自転車で走ったこと無いどころか、初めて観る景色が結構多く、目的地への道のりも楽しい。

今まで行ったことがある場所でも、そこに自転車で行く、というのはぜんぜん違う。しかも、ただ行くだけ、です。到着して写真撮ったり朝ごはん(お昼に近いことも)食べたりはするけど、自転車から長い時間離れるのが不安なので、着いた時点で気持ち的にはちょう達成してる(中継地点だけど)。

気分はちょっとこんな感じですよ、残念ながら観たこと無いけど。

初めは距離と時間をベースに、その範囲で行けるところに行っていたのが、最近は思いついた自転車で行ってみたいところへのルートをNAVITIMEの自転車ルート検索で調べて、かかる時間と距離にビビらなければ、そこに何時に着きたいかで逆算して出発時間を決める。

行きたい場所によって当たり前だけど遠いところもあるし、途中ちょっとココロが折れそうになったりもするけど、そういう時は今の自分の走行距離のピークがこれなのかー、と良い発見なったりもしています。

ちょっとでも気になる所があるとすぐに地図を見る癖がつきつつあるので、仕事で行く場所など全然関係ない時に場所を調べたりすると、ついうっかり自転車なら何時間か・・・みたいな意味のわからない発想ももれなくついて来ます。

 

今度はさくっとびかすさんのお店に行こうかなーと思っています。

ネパール創作ダイニング だいすき日本 Daisuki Nippon

 

 

サイクリング・ブルース
サイクリング・ブルース
posted with amazlet at 11.09.29
忌野 清志郎
小学館
売り上げランキング: 18449

 

 

【スポンサーリンク】