そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

2TBのBUFFALOの外付けハードディスクが安かったのでバックアップ用に買ったのでバックアップのお話

スポンサーリンク

 

Amazonで、BUFFALOの2TBの外付けHDDが、8,980円というか、17,585円OFFというアホみたいな値引きをしてて感動したので、値段の変わらないうちに!と速攻で購入しました。

 


 

と、いうことで安くHDDも買えたことですので、おまけでMacBookのデータ管理の方法をまとめてみます。

 

データを分けて管理する

 
いつかは壊れるもの
、というスタンスなので、ひとつのHDDにすべてのデータを置くことは基本しません。

なので、MacBook本体にも、なるべくデータを置かない主義でMacBookを使っています。

 

ホームフォルダ以下の「ミュージック」「ピクチャ」「ムービー」「書類」「ダウンロード」はボクにとって基本的には常に使うものではないので、手動でバックアップするようにしています。

iTunesのデータだけは例外で、「iTunes Media」の場所を直接外付けHDDにして管理しています。

iTunes

 

持ち運び用と据え置き用

 
今までは、具体的にはこんな感じで4台の外付けHDDをつかってデータを管理していました。

  1. iTunesの音楽・映画ファイルは「iTunes HD」という1TBのポータブルHDDに直接保存
  2. 「iTunes HD」のバックアップは定期的に「iTunes BackUp HD」という1TBのHDDに手動で上書き
  3. サイズのデカイ動画ファイルは「Movies HD」という500GBのポータブルHDDに手動で保存
  4. それ以外のデータは「MBA HD」という500GBのポータブルHDDに手動で保存

 

1の「iTunes HD」(1TB)と、4の「MBA HD」(500GB)は持ち運び用としてBUFFALOのヤツを使っています。小さくてシンプルで気に入っています。(500GBのやつは下の色違いを使っています)

 

 

 

手間でも手動にこだわる

 
せっかくのMac OSですが、Time Machineは使っていません。使ったほうがラクなんだと思うのですが、なんか安心出来ない…

iTunesのデータは不定期でBUFFALOのポータブル1TBからアイ・オー・データの据え置き1TBに上書きコピーしてバックアップしています。

音楽や映画のデータなので、元のメディアがあればそこから復活できますし、無いものに関してはiTunesに読み込んだ後、MacBook Air本体にファイルをコピーして、デスクトップなど、見えるところにおきます。

見えるところにおいておくと邪魔で捨てたくなるので、その時がバックアップのタイミング。

本体に据え置き用HDDのUSBを挿してコピーするだけです。

 

image

 

過去になんどもiTunesのデータをすっ飛ばした経験が今のやり方につながっていますが、持ち運んでつかうノートのバックアップ環境はなかなか難しいですね。

 

手動でやると良いこと

 
これはめんどくささが功を奏すのか、ファイルをむやみに残さなくなりました。基本、いらないものはすぐ捨てます。

だから、デスクトップもこんな感じになる。

 

110306Desktop

 

なんでもかんでも簡単にどこかに置いてしまうと、何が大事で何が大事じゃないか、わからなくなっちゃうので、もう本当に必要なものだけ残そう、というやり方になっていきました。

 

今はデータをクラウドで管理することも多くなっているので、併用する感じになっています。

 

 

【スポンサーリンク】