そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Corneliusの「Mic Check」とパイオニアのヘッドフォンの臨場感

スポンサーリンク

 

東京でも雪が観測されましたが、あまりに寒いので、通勤時、耳の防寒の為にいつものKlipschのイヤフォンではなく、普段はDJ時のモニタリング用として使っているパイオニア DJヘッドホン HDJ-2000をしていました。DJ時のモニタリング・イヤフォンは型番が変わってもずっとパイオニアのこのシリーズを愛用していて、特にホールド感と片耳モニター時の「ステレオ・モノラル切り替え」が付いているのが圧倒的に譲れないポイントです。(昔は片側だけ外側に肩に挟みやすいようパッドが付いていましたね、あれ好きでした)

 

で、運良く電車でドア側の端の席が空いて座れたので、せっかくヘッドホンだし、という訳でもありませんが、ふとCornelius『Fantasma』のRemasteredのヤツが聴きたくなって再生したら、1曲目の「Mic Check」が、やったら臨場感溢れる音になっていてビビりました。

 

「サスガ、Pioneerのヘッドホンだぜ!」なんつって思っていたら、横に立っていたおじさんがスゴイ勢いで手に持った紙袋から何かを出したりしまったりしていました。

 

ある意味、GJ。

 

Fantasma(初回限定盤)
Fantasma(初回限定盤)
posted with amazlet at 11.02.09
Cornelius
ワーナーミュージック・ジャパン (2010-11-03)
売り上げランキング: 36751

 

【スポンサーリンク】