そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

今週の逸曲『 O O I A H 』OOIOO

スポンサーリンク

 

OOIOO - O O I A H
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

今週の逸曲は、ボアダムスのYoshimiさん率いる、OOIOOの「O O I A H」です。

 

ボクは日本で生まれて日本で育っていますし、もっと言うと東京で生まれ東京で育っているので、生まれながらのコンクリートジャングルなんですが、そういうヤツに限って、キーワードとしての「田舎」とか「民族」なんてものにあこがれちゃうわけです。このもやしっこめ!

 

ボアダムスというバンドから化学反応なのか、細胞分裂なのか、たくさんのユニットが生まれていますが、その中でも音のイメージに反してバランスの良い活動を継続している女性4人組のユニット「OOIOO」。

バランスの良い活動を継続している、というのは、まさにボアダムスもそうで、継続しているということの強さは、きっとなにかそこにマジックみたいなものがあるんだと思うんです。

 

ボアダムス周辺でボクが好きなところは、訳のわからない高揚感で、これは言葉のようで言葉ではない感情のこもった声によるアジテーションとそれに対する楽器たちの、メロディーというよりはプリミティブなビートの呼応で、そういうものが言葉による感情の吐露よりも心を深く揺さぶり思わず涙が流れそうになったりする。

 

OOIOOは、そのプリミティブな高揚感を女性サイドから聴かせてくれている気がして、ある意味ボアダムスの核にはOOIOOがいるんじゃないか、とすら感じるところもある。

そして、高揚感のトリガーともなる声。これがOOIOOのスゴイ魅力の一つだと思いますが、女性の声によるトランス感がハンパないです。

特にこの「 O O I A H 」が収録されているアルバム『Armonico Hewa』の高揚感の質と言ったらたまりません。

 

 

 

ARMONICO HEWA
ARMONICO HEWA
posted with amazlet at 11.02.23
OOIOO
commmons (2009-08-05)
売り上げランキング: 145796

 

 

【スポンサーリンク】