そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

【iTunes Store 映画#93】羅生門

スポンサーリンク

 

iTunes Store映画、鑑賞メモ#93、『羅生門』です。

ネタバレ等のご注意

 

羅生門 デジタル完全版 [Blu-ray]
角川エンタテインメント (2009-02-06)
売り上げランキング: 11278

 

名作と呼ばれていますが、初めて観ました。「恋の門」から門繋がり。

とにかく、1カット1カットごとの説得力がスゴイ。どこを切り取ってもポスターになってしまいそうな構図と役者陣の迫力とを観ていたら、それだけでこの映画がすごいと言われるのを納得せざるをえない。

多襄丸や真砂が検非違使の前で独白するシーン(後ろに杣売りと旅法師が座ってる)の構図がとてもステキで、もし自分が何かを撮ることになったら真似したくなる。

三者三様(四者四様?)の展開のパラレルワールド具合は、映像の奥行き感・立体感が魅力を引き出す。

この絵を観てしまうと「3D」に頼らないと奥行き感が出せない映画ってなんだろう?って思っちゃう。

 

 

【スポンサーリンク】