そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

【iTunes Store 映画#68】仁義なき戦い 頂上作戦

スポンサーリンク

 

iTunes Store映画、鑑賞メモ#68、『仁義なき戦い 頂上作戦』です。

ネタバレ等のご注意

 

仁義なき戦い 頂上作戦 [DVD]
東映ビデオ (2001-08-10)
売り上げランキング: 19297

 

シリーズ第4弾をレンタルで初見。

相変わらず惹きつけます。ここまで70本近くiTunes Storeで映画を観てきましたが、このシリーズが最大の収穫、と現時点では言いたくなるテンション。

映像も音も、もうすっかり仁義なきワールドにハマってしまっているのでその激しさが心地よいくらいです。

相変わらず、キャストは入れ替わり立ち代わりじゃないですけど、同じ役者さんが違う役を演じるパターンは今回も。4本目ともなると松方弘樹の演じる役がちょっとゴッチャになる。キャラ以上に松方さんのインパクトが強いです。

そう考えると、その一方の同じ役者さんが同じ役をシリーズ通してやる、というケースは逆にすごいなぁと。

「山守」役の金子信雄、この人はホントスゴい。もう観てたらチョイチョイイラつきますwそのキャラ作りは流石です。

さりげなく出演し続けている田中邦衛演ずる「槇原」も憎いキャラです。

この第4弾で、シリーズの話の中心は一旦完結します。第1、3、4弾で1つの流れ、第2弾と第5弾は若干スピンオフ的なポジションにあるようですが、そこもまた重要な気がします。

最後、名シーン、今作の中心小林旭と菅原文太両人のシーンの重みが一旦のエンディングの説得力を増します。

 

 

【スポンサーリンク】