そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

神戸・栄町のセレクトCD・レコードショップ『disques dessinee / ディスク・デシネ』に行ってきた!

スポンサーリンク

5246211382_65885a7fc0_t.jpg久しぶりに「良いお店を知った!」と感動したのでエントリー。

良い意味で「近所になくてよかった〜」とお財布的な意味で胸をなで下ろすこのお店、とにかくキュートで魅力的!

セレクトショップですので、置いてあるレコードやCDもショップに厳選されたものばかりですが、なんというかその佇まいからなにから、スーっとした統一感が訪れる人をワクワクさせる、そんなお店なんです。

 

5246211678_a0200592bf_t.jpg1枚目の写真は入口付近の、そして2枚目の写真は地下に入る階段の脇にあったロゴというか看板です。

せっかくお店に行ったにもかかわらず、撮った写真がわずかにこの2枚だけ!

なんということでしょう!しかも、何人かで行ったのですが、お店に入った瞬間に我を忘れ、ご挨拶(マツオさんのおともだちイクコさんが働いていらっしゃる。イクコさんも毛にDJとして参加されました)もそこそこに、試聴機に突撃、そして試聴し続け挙げ句の果てには連れてきてくださったマツオさんを先に帰してしまうという大失態です。ほんとゴメンナサイ。

そんな魅惑の店内は、ディスク・デシネさんのサイトの写真をご覧ください。

 

 

写真を観た限りでも試聴機がたくさんあるのがおわかりいただけますでしょうか?お店を入って直ぐ目の前に特設コーナーがありそこに1機、さらに左奥にはこれまたテーマに分かれて4機、お店のいちばん奥にはiMacが置いてあり(おそらく)全商品が試聴可能!こりゃーたいへん!

実は今回、棚に並んでいるCDやレコードはほとんど観ておらず、お店にいる間はほぼ試聴しまくりました。と、いっても友達たちを待たせておりますゆえ、だいぶ抑えていたつもりですが、それでも結構飛ばしながらもいろいろ聴けて、ステキなアルバムに出会いました。

 

今回耳に飛び込んで連れて帰る事になったものをご紹介。

 

 

ELEGANTE ORCHESTRA

ELEGANTE ORCHESTRA "IT WAS TOO HOT IN THERE"

 

今回の試聴では優先的にディスク・デシネのオリジナル・レーベルである「プロダクション・デシネ」の作品をチェックしていたのですが、もちろん知らないアーティストだらけ。わくわくしますね。その中でこのエレガンテ・オーケストラはジャケットの帯にこんなふうに紹介されています。

現代に蘇るサルソウル・オーケストラ?はたまた70'sディスコサウンドに特化したイタリア映画音楽?
イタリアが生んだ最高にエレガン”テ”な二人組、痛快&衝撃のデビュー作!

気になるでしょう、これは。だってイッタァ〜リァ〜なディスコですよ?

詳しい詳細や試聴はディスク・デシネのサイトのページ(エレガンテ・オーケストラ - イット・ワズ・トゥ・ホット・イン・ゼア (New CD))に行っていただくとして、ボクがガツンと来たのはこの4曲目「Superlover」。タイトルからしてイカしてる!

 

Superlover by elegantemusic

 

これはほんとカッコイイと思って、是非DJでも使いたくて買いましたが、実際にDJの時に使っちゃいました。他にも9曲目「Prometeus」とかもファンキーなハウスっぽくて良いですし、13曲目「Summer Wind (Ft. Allesandro Trovo)」なんか、「September」を彷彿とさせて1ヶ月先をゆくような軽快なディスコチューン。

それこそライナーにもちらっと名前が出てましたがシルヴェッティとか好きな方はマストかもしれないシャレオツ・サワヤカ・ディスコの決定盤っす!

シャレオツ・ジャケットはGianni Rossiというデザイナーさん。

CorneliusやThe White Stripes、Daft Punk、Bjorkなどビッグアーティストのデザインを担当。
デザインTシャツストア グラニフ - Design Tshirts Store graniph

らしいですYO! 

 

さて、もう1枚買ったのですが、レーベルを知りたければレーベルコンピ、これ常識、っつーことで、プロダクション・デシネのレーベルコンピ『musique dessinee 01』です。

 

musique dessinee 01

V.A. (Compiled by 丸山 雅生) - ミュージック・デシネ 01

 

これはですね、もうすんごい凝ってるの、装丁が。ジャケットがそのまま本になってて、各曲に対するコメントが綴られているのです。

完全カスタムメイドで仕上げた、特殊なCDサイズのハードカヴァー製本のケースも特筆モノで、その文中では、収録された各楽曲に関するテキストや画像の紹 介等もあり、とても充実した仕上がりで、音楽好きな方には読み物としても楽しめるのでは無いかと思います。かなり特殊な仕様ゆえ若干価格は高めになってし まいましたが、良い音楽をいつまでも末永く聴いてほしいと言う思いが伝われば嬉しい限りです。是非とも、ここでしか聴く事の出来ない名曲の数々を、言葉に は出来ないドラマをご自身の耳でお試し下さい。
V.A. (Compiled by 丸山 雅生) - ミュージック・デシネ 01 (New CD)

 

musique_dessinee

こんな感じで本になっている。

 

こういう良い装丁は是非その作りが分かるような写真も掲載して欲しいです!

このコンピには本当にいろんな種類の音が入っていて曲数以上のボリュームがあってまだ全然消化しきれていないのですが、冒頭を飾る「Sky High」や6曲目「Jockey Disc」のスキャットものがすごくお気に入り。この2曲はトキメキ・スキャットとファンキー・スキャットって感じです。

Web上での試聴はこちらから可能です。 → musique dessinee 01 - V.A. | ミュージック・デシネ01 〜ジャスト・ア・グルーヴ!〜 | production dessinee プロダクション・デシネ

 

ダウンロードで音楽だけじゃなく映画まで簡単に買える昨今、じゃあなんでCDで買うの?と訊かれたらボクはまず第1に「装丁」と答えるのですが、この『musique dessinee 01』なんか、まさにそれ。満足度が高いです。

 

で、この2枚をレジに持って行って買ったらですね、おまけが付いてきた。

そうです、たまたまフェアをやっていた!

 

プロダクション・デシネ・フェア 2010

 

そこで、今年一年の感謝の気持ちをこめて、フェア対象商品2点をお買い上げのお客様に、プロダクション・デシネの音源のみで製作した、『非売品プロモーションMix-CD(2枚セット)』でプレゼントします!

 

そう、Mix-CDを2枚もプレゼントされました。

それが、これだ!

 

 

「il Dramma」シリーズはディスク・デシネのDJ Mixシリーズらしいのですが、今回はその番外編の2枚がプレゼントです。

 

さらに・・・

 

『フェア対象商品:必須アイテム』の中から1点と、『フェア対象商品:選択アイテム』の中から2点以上のご購入(=あわせて3枚以上)を同時にご購入いた だいた方には、上記でご紹介したMix-CD『il Dramma -01』と『il Dramma -02』の2枚セットに加えて、 『非売品&超限定!プク子さん段ボールBOX(CD用)』をプレゼントします!
disques dessinee online ディスク・デシネ

 

プク子さんダンボール・・・

 

プク子さんダンボール

 

実は、もう1枚、お店に入ったときに一番初めにジャケ買いしそうになったアルバムがありました。

それがこれ。

 

Frankie Zhivago Young

 

これはもう、ジャケットがカッコ良すぎるんですけど、音は1曲目からなんていうんだろう、タランティーノ・ソウル全開!っていうのがパッと頭に思い浮かんだ。「西インド諸島に浮かぶバハマの首都ナッソー在住の黒人ソウルシンガー/SSWフランキー・ジバゴ」さん、ナッソーといえばThe Beginning of The Endの『Funky Nassau』が思い出されますが、そんなファンキーな音も、ジャケットにあるようにカントリー、レゲエ、ロック、ソウルともう全部載せなごった煮アルバムで、とにかく、とにかく、とにかくカッコイイ!!!

1曲目からブラックスプロイテーション映画のテーマ曲っぽい洒落にならないカッコ良さの「Flying High」これまた挿入歌に使われていそうな「All Around The World」「I'm Yours」、デシネさんイチオシの「Someone Stole Your Love」のメロウソウル(個人的にはこれのインスト「Someone Stole Your Love Pt.2」が、もしもFunkadelicの「Maggot Brain」をマーヴィン・ゲイが演ったらという「もしもシリーズ」を連想させるカッコ良さ!)、ラバーズロックなトロける「Hello Stranger」「My Eyes Adore You」やご存知「No Woman,No Cry」の軽快なカバーまで、全曲捨て曲なし、もう超名盤、スゴイ!スゴイ!ここまでの名盤はなかなか無い!!!

 

まずは試聴して、でもこれはジャケ買いしておいたほうがいいです!

フランキー・ジバゴ・ヤング - エイジ・オブ・フライング・ハイ (New CD)

 

 

 

 

そんなこんなでプク子さんダンボールも無事ゲットし、ディスク・デシネで買ったCD達をさっそく入れております。

 


 

ここで紹介したものよりもちょっとディスクの量が多いですが、残りは後日。

 

それにしても、ディスク・デシネのトキメキ感はハンパなかったです。昨今、キュレーションという言葉が流行っているようですが、ある種のレコード屋さんは昔から「その界隈の人が喜ぶ名キュレーター」でいてくれたというのはレコード屋さんに通う人は痛感していると思いますし、とにかくお店に行けばステキな音楽に出会えた、という事が多かったと思います。

今は自分で探せばいくらでも良い音楽に出会えるツールはたくさんあるんだけど、やはり人の手が加わったというか、その道を極めた方々が選び抜いた作品が集まっているお店に身をゆだねるというのもひとつの音楽の楽しみ方だと思うし、そこでいろんな新しい音楽を知って勉強していくこともできるし、ディスク・デシネには間違い無くそれがあって、ボクは年甲斐もなく興奮してしまったんです。

と、収拾のつかないエントリーになりましたが、ディスク・デシネさん、しばらくお世話になります!

もちろん、オンラインショップもあるよー!

 

disques dessinee online / ディスク・デシネ・オンライン

 

 

【スポンサーリンク】