そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

daitie カスタムアサラトを買いました!

スポンサーリンク

IMG_1265先日、ちょっとした機会があって、なんとdaitie さんのカスタムアサラトをちょっとディスカウントで買える機会に巡り合わせ、ここぞとばかりに購入しました。

 

これが、もう、ホントに素晴らしいのなんのって。

 

まず、daitieさんのカスタムアサラトのカスタム内容がスゴい。

こちらのアサラトは、アサラト(上玉メンテナンス)に使われる上質なアサラトの実に、 「文化財補修や永久保存のために開発され、一方では食品衛生法もクリアする」という確かな品質の塗料を使って丁寧に仕上げたカスタムモデルです。

塗料の効果は、木の実の部分にしみ込んで固まる性質を利用した硬化による、音の良さにあります。

また、塗料のほかの作用としては耐水性、耐油性がありますので、 アサラトの使用される環境に強いです。

塗料以外にも、オリジナルパテでわずかなキズやヒビも補修し、 ひとつずつ、3回の研磨を施して手触りを良くしました。

そして、 仕上げには高級家具にも使われるナチュラルなワックス(蜜蝋、エゴマ油)を使い、最高の仕上がりになっています。

ヒモはオススメのザイルに交換済み。

中身の重さも、アサラトの大きさに合わせて調整済みです。

1つずつ厳選した実を使い、手作業ですすめるため 少量しか作れませんが、とても良い仕上がりになりました。

「自然な仕上がりが好きだけど、アサラトの質はいいものが欲しい。」 という自分自身の思いを実現させました。

ぜひぜひ。

カスタムアサラト/4.5 - asalato & handmade wallet -daitie-

このこだわり、スゴい。

でも、実際に触るとそのスゴさはもっとわかります。

 

IMG_1259

写真では伝わらないと思いますが、このアサラトの球の表面が綺麗に研磨されていて、触り心地はもうほとんどパチカと同じくらいツルッツルです。プラスティックのツルツルじゃなく、木で手触りがツルツル。

 

IMG_1260

ついているザイル、ボクが買ったのは「5cmよりも少し小さめでそれ以外はすべておまかせで!」とdaitieのミキさんにお願いしたら、ザイルがピンクっぽい可愛いやつだった。この色のザイルってあまり観ないから、嬉しいっす。しかも、このザイル、柔らかい。

その柔らかさを比較するためにもともと持っているアサラトと同じ持ち方で比較写真を撮ってみた。

 

IMG_1261

ただ、指にザイルを引っ掛けているだけですが、先程のdaitieカスタムアサラトはアサラト同士がくっついているのに対し、こっちはくっついていない。

それがつかいづらいか、と言われると、こればかりは好みや慣れがありますから、一概には決して言えません。

daitieカスタムアサラトの場合、球の中は100%ワイルーロなので、結構軽めです。ただ、軽いんだけど、球がしっかりと硬いので、音は素晴らしく良い音がします。ボクが今メインで使っている通称『響モデル』に匹敵するくらい。軽いのにバランスがいいんです。

 

IMG_1262

そして、ミキさんのおしゃれゴコロ、『daitie』のロゴがアサラトに刻印されています。こういうおしゃれゴコロってアサラトにはあまり見られないものだから大好きです。

しかも、このアサラト、仕上げのオイルに良い香りのするものが使われているので、振ってても触っててもちょう良い香り。香るアサラト、モテラトですよ!

 

このモデル、完全手作業での生産なので、個数も少ないですし、お値段もはります。

実際に仕入れたアサラトの中から、このカスタムアサラトに使えるアサラトは1/100くらいの割合だそうで、工数やその割合の分、ちょっと高めです。

 

ボクの個人的な感想ですが、初めてアサラトをやる人にはちょっと贅沢な一品。アサラトをやり続けていても、ここまでいいものは必ずしも必要はないし、うまくなるならないに道具の良し悪しは関係ない、とボクは個人的に思っています。ヘタなんだけど。

でも、アサラトそのものが大好きで、いろんなアサラトを集めているボク(なんども言いますが、うまくない)の感想は、このアサラトは一度触ると、振ると、やはり違う。格段に上質で、もうラグジュアリーアサラト。嗜好品です。

 

アサラトが好きな人への贈り物とか、自分へのご褒美とか、普段着的には買えないけど、ちょっと贅沢したいときに買うアサラトとしては、完璧です。

 

最近の練習では、音が出せない環境ではコルクアサラト、ハングのディレイドをシェイク音の確認をしながらやるときはアサタクロー、メインは響モデル、家の中では6/4くらいで響モデルとdaitieカスタム、という使い方をしています。エアターンみたいな練習には小さめのアサラトをつかったりもしています。

 

まとめ:

モテたいなら、シャレオツdaitieカスタム。

注意:

モテるには、うまくないとダメよ。

 

 

【スポンサーリンク】