そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

「第1回ガチぱち!アサラト・ファイトクラブ@ぱちか村」に行ってきた!

スポンサーリンク

IMG_1151未だ興奮覚めやらぬ状態でエントリーを書いています。

高円寺にあるアサラトの聖地、ぱちか村では、HINDOUさん、4sk(ヨースケ)さんによるワークショップが定期的に行われていることは知っていたのですが、今回行われたのは、ちょっと趣向が違うもので、普通のワークショップに「バトル」が追加され、3段階のバトルに参加出来る、というもの。

さらに、記念すべき第1回のメインカードには、アサラトバトル無敵の3連覇のPANMANさんと、アサラト妖怪HINDOUさんのアサラトバトル!

そんなすごいものが間近で観れるとあっては行かないわけにはいかない!と、またもやアサラ友すもけと行ってまいりました。

ぱちか村は雑貨ならぬ「雑楽器」 カフェというかわったお店。場所は高円寺の南、こちら、地下1階です。 大きな地図で見る

スタートの20時ギリギリに行ったのですが、人も集まりだしたタイミングみたいで、スゴく湯ルーイ感じでワークショップというよりも、アサラト好きが集まっちゃった、みたいな感じでスタート。

と、言っても、みんな自由に過ごしてる感じだったので、晩ごはんをまだ食べていなかったボクは「MAMAカレー」を注文してまずは腹ごしらえ。これ、美味しいですよ!

IMG_1155

ちなみに、お店はこんな感じで、いろんな楽器の販売もしています。良い感じのカリンバや、持ち運びしやすいジョイント式のディジュも売ってた。このディジュ、調べてみたら、トラベルディジュリドゥというもの。すごく吹きやすくてあやうく買うところでした。

IMG_1150IMG_1153IMG_1152

お店にはPANMANさんが普通にいて(あたりまえかw)、前回のワークショップの後も春風で偶然お会いしたりしていたので、しばし雑談。PANMANさんのプレイを見て口琴を再スタートしたので、口琴の話とかアサラトの話とか、普通に雑談してました。ホント物腰ソフトな方です。

IMG_1156 「やっぱ、基本はシェイクですよ」

そして、アサラトの振り方を教えてもらうことになるんですが、向かい合っているのはPANMANさんとすもけとオレの3人。もう独占状態で、どういうところがニガテなのか、何が出来るようになってなにに挑戦中なのか、と言ったボクらの話しを訊いてくれた上で、いろんなアドバイスをくれました。ここでもやはり大事なのはシェイク!さらには一つリズムを教えてもらったりしちゃったんですが、これはまた別エントリーで書きたいな、と思います。

たぶん、いろいろな準備があったのか、いわゆるワークショップ的なことは、みんな自然とうまい人とボクみたいな教わりたい人が雑談しながら自主練するみたいな感じで過ごしていたのですが、HINDOUさんの号令に従って、バトルが始まります。

IMG_1164

このバトルの名前は「ガチぱち!アサラト・ファイトクラブ」と命名されていて、今回は王者PANMANに参加者(挑戦者)が挑むという形式になりました。

実は、そのルールとかをまったく知らなかったボクとすもけは、バトルが始まる前に4skさんに「出ませんか?」と聞かれていて、ホント状況を理解出来ていないまま、せっかく来たんだし、と「じゃあ、でます!」なんて言っちゃっていました。(後で考えるとここで声をかけてもらってなかったらこの日ここまで強烈に楽しいことにはならなかったかもしれないです。4skさんにはちょう感謝です!)

まさかその相手がPANMANさんだなんて知らなかった…

ゴメンナサイ、軽い気持ちでやります、なんて言ったけど、ホント知らなかったんです。

アサラトバトルトーナメント全3回を連覇している無敗の王者とサシバトルすることになるだなんて!

ルールは8小節ずつ交互にアサラトを自由に振り合うもの。はじめは音楽も流れていますが、最後の1回は無音の中でやります。

もちろん、アサラトナイトに遊びに行った身ですから、バトルをやるだなんておこがましくて自分でも想像したこともなかったし、その相手が相手です。

イメージ的には、子供相撲の子どもたちが横綱にぶらさげられてぐるぐる回されてキャッキャキャッキャ言ってるあんな感じですよ!

でも、せっかく第1回に遊びに行けたし、参加する人もはじめは3名と少なめだったので、楽しんじゃえ!とバトルさせてもらいました。(ちなみに、記念すべき挑戦者第1号はすもけでした。こういうところをしっかりとつかむあたりは流石です)

結果はもういう必要もないくらいのものですが、スゴく参加してよかったな、と思ったのは、決められた小節内で自分で考えて振る、ということを初めてやることになったこと。結果的に、ですが、こんなことはやったことなかったです。

でも、よく考えると、これはこないだのタップ教室で体験したことと同じ。

自分ができる限られたフレーズを使って、リズムを作ってみる、というのはスゴく重要なんだなーって思いました。(それはちょうどバトルの前にPANMANさんに教えてもらっていたことでもありました)

すもけが挑戦し、ボクが挑戦し、その後は本当にうまい方々が、まさにバトルというに相応しいプレイを繰り広げます。誰が来ても受け止めるPANMANさんはやはりスゴい…

IMG_1162IMG_1172

そして、このバトル、オオトリはHINDOUさんの登場です。こんなチャンスはめったに無いのと、この2人の対決を観るというの事を考えてたら、ボクはきっとここにいて誰よりもバトルに参加したり観たりしたがるだろうなーって広島のMENDERさんの事を思い出していたので、バトルシーン、動画に収めました。(HINDOUさんに公開の許可をいただきました。ありがとうございます!)御覧下さいッ!!!

PANMAN vs HINDOU

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

これをこんな間近で見れるとは思わなかった。スゴい幸せ。

今回のバトルには実は勝敗はありません。でも、人の前で相手がいてアサラトを振る、という経験を、PANMANさん相手にデビューしちゃったというのは、なんかみんなゴメンナサイって言いたくなるくらい贅沢でした。スゲエな、この企画。

その後も、ずっとあってみたいと思っていた前回のヌチグスイのワークショップでもご一緒していたミロさん(この人がまたやったらとうまい。PANMANさんの愛弟子みたいな感じでした)と話しをしたり、教えてもらったり、聴かせてもらったり。ぱちか村にいた他の方からは、「アサラトは相手の音を聴くのがすごく大事だよ」と教えてもらったり、体の前で上下にふるのではなく、肘から手までを縦にして肘を支点に前後に振るようにするとシェイクがずれにくくなるから安定したシェイクの練習に良いとか、ホントちょう目からウロコ・レッスンをしてもらっちゃいました。

帰り際にHINDOUさんとも話ができて(アサラト上達のコツは失業!?)それも嬉しかった。

でも、なにより良かったのは、いろんな人と出会えたり話ができたり、アサラトをやっていて良かったなーって思いながら家路につけたこと。行ったことがないからとか、知ってる人がいないからとか、人前でやるのは恥ずかしいから、とか普段だったら思うところが、アサラトだったから思い切っちゃった感はあるのですが、そういう場所を用意してくれたHINDOUさん、4skさん、PANMANさん、そしてぱちか村に、あらためてありがとうございます!!!

また行こうっと!

【スポンサーリンク】