そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Snow Leopardをクリーンインストールしてからやったことのまとめ[非対応アプリ関連・続編]

スポンサーリンク

前回、OSをSnow Leopardにアップグレードしてからボクの環境で使用できないアプリケーション類をまとめたところ、LogicoolのMX Revolutionのドライバに関して、このようなコメントをいただきました。

Snow Leopard Caompatibility List の中に、Logicool のドライバインストールの方法書いてありました。私も同じマウス使ってますー。非公式の方法ですが、参考になれば。 http://snowleopard.wikidot.com/

djmontaさんのコメントより

ありがとうございます!

と、いうことで、さっそくやってみました。

まず、Snow Leopard Compatibility: Mac OS X 10.6 Snow Leopard Compatibility List のページに行って、Logitech Control Centerを探します。

※ドライバは日本のものでいけるので、ここにダイレクトに行ってダウンロードしてもいいですよ。→ Logicool > サポート&ダウンロード > ダウンロード > マウス > MX™ Revolution

 

さて、ドライバをダウンロードしてきても、そのままインストール使用とすると、こんなダイアログが。

 

Logicool Control Center Installer

 

そこで先ほどのページをよく見てみると、こんな注意書きが。

Manual Install. Select "Show Package Contents" for the Logitech Control Center Installer. Navigate to Contents > Resources > Logitech Control Center.mpkg ajnd open the installer. — If Exposé/Spaces do not work for your Logitech device, then copy the application Expose or Spaces from Applications > Utilities to the Applications folder. Remember to copy, and NOT to move the app. LCC ONLY works in 32-bit kernel mode - will not recognize hardware in 64-bit kernel.

ということで、早速やってみました。

まず、ドライバのインストーラーを右クリックして、コンテキストメニューを出し、その中の「パッケージの内容を表示」を選択。

 

パッケージの内容を表示

 

その中の、Contents > Resources > Logicool Control Center.mpkg が今回使うインストーラーです。

 

Resources

 

コレを使うと、普通(?)にインストール出来ます。

 

さらにボクはセンターにあるホイールのちょい下にあるボタン(デフォルトでは検索を呼び出す)にExposéの「すべてのウィンドウ」を割り当てていました。

 

MX Revolution Cordless Mouse

 

このまま設定してもExposéは反応してくれませんので、指示の通り、アプリケーション > ユーティリティー > Exposé(.app) を1階層上のユーティリティー直下にコピーします。

 

ユーティリティ

 

これで、センターのボタンにExposéを割り当ててもきちんと動いてくれます。

 

ようやくマウス環境が元に戻って一安心(djmontaさん、ありがとう!)。

でも、オフィシャルのドライバはきっと更新されるので、当面をしのぐ策として、ドライバがアップデートされたら、それを使い、この設定は元に戻そうと思っています。

 

 

ロジクール MX レボリューション MX-R
ロジクール (2006-09-15)
売り上げランキング: 932

 

関連エントリー:

Snow Leopardをクリーンインストールしてからやったことのまとめ[基本設定]

Snow Leopardをクリーンインストールしてからやったことのまとめ[非対応アプリ関連] 追記アリ

【スポンサーリンク】