そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

新コーナー【シリーズ2003】第1回:ペネロペさんの事

スポンサーリンク

短期集中連載の新コーナー、【シリーズ2003】。第1回は2003年1月21日のボクの日記・リバイバルです。

 


最近ペネロペさんがとても気になります。

ラテン系の映画女優、ペネロペ・クルスのことなのですが、ペネロペさんの映画は1本も観たことはありません。予告編でちらっと目にしたり、雑誌でちらりと見たり、その程度です。

だから、その美貌に一目惚れしてしまったとか、素晴らしい役者だというわけではなく、ペネロペ・クルスをあえて

ペネロペさん
と呼んだときの音の響きが何とも耳に良いのです。

それがジェニファーさんとかウィノナさんとかクリスティーナさんでは、何かが違うのです。なんでしょう?なんかいい響きだとは思いませんか?

もしあなたの職場なりクラスなりにペネロペさんがいたら、なんかいいと思いませんか?

「ペネロペさん、**さんからお電話です」とか
「ペネロペさん、この前のノートありがとう」とか

なんか言ってみたくないですか?あまりそんなことはないかな。

03/01/21


 

えっと、どんだけペネロペさんの事が好きなんだ、と。しかも、ここで書いたエントリーとほぼ内容の主旨は同じです。

 

このように、同じ話を何度も何度もして、自分がそれをしていた事すら忘れてまた話して「それ前聞いた」と言われるのが特技です。

次回、お楽しみに!

 

 

【スポンサーリンク】