そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Music Cloudを使ってみました。

スポンサーリンク

AppBankさんMusic Cloudのことを知りました。iPhone(/iPod touch)内の音楽再生回数でタグクラウドをつくるアプリです。

 

iPhone OS 3.0の恩恵としてiPod内のデータ(音楽データ)にアプリがアクセス出来るようになった記念なので、アプリとしてはただ再生回数でタグ・クラウドを生成するだけですが、音楽データへのアクセスアプリが出て来たお祝いとして買いました。115円でした。

 

Music Cloud Music Cloud

 

で、メール添付してクラウドの画像を送れるのですが、

メール添付はSMTP設定が必要だったので未検証。

とのことだったので、やってみました。普通にGmailのSMTPサーバやらなんやらを入れるだけで大丈夫でした。

 

IMG_2293.PNG IMG_2291.PNG

 

左側がメール送信画面で、画像を添付しておくるときはiPhoneの「メール」ではなく、このアプリ内のメール送信機能を使います。

 

そして送られて来る画像はこんな感じ。

 

MusicCloud-200906175110830

 

結構でかいサイズの画像が送られてきます。ボクはiPhoneの中にはジャンルで「dub/Reggae」にしているモノしか入れてなくてそれ以外のジャンルはiPod touchで持ち歩いているので、まあこんな感じかな、と思います。最近は割とiPhoneで音楽を聴いています。

 

メールをおくる際に選ぶアドレス帳が、iPhoneアプリの「連絡先」で最後に表示した画面しか選べない(他を選ぼうとしてもリストが表示されない)というトラブルがあったり、そもそもメール送信の機能をアプリ自体にやらせていたり、まあいろいろと思う所はありますが、これはiPhoneアプリが音楽をオモロくしてくれる第一歩、だとおもっているので、今後の音楽データへのアクセスアプリ界(?)の発展に期待したいと思います。

 

あ、Music Cloud自体ももしかしたら今後アップデートして、いろんなことができるようになって行くかもしれません。アップデートでの成長を見越した先物買いというジャンルが出来そう。楽しみです!

 

via:Music Cloud:iPodの音楽ライブラリに直アクセスしてクラウド並べするアプリ。イマジン!744

【スポンサーリンク】