そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

高田馬場、ぶぶかの『油ねぎチャーシューそば』(アブラブ活動)

スポンサーリンク

IMG_0888.JPG 今回のアブラブ活動は、ちょっといつもよりも足を伸ばして、高田馬場のぶぶかに行ってきました。吉祥寺のぶぶかは部長のルーツとしておなじみのお店。ちょっと会社帰りに吉祥寺は遠いので、高田馬場店です。

 

 

ちょっと遅めに向かったのでついたのは閉店30分前。だいぶ腹も減って、飛びつくようにメニューを見ます。

 

IMG_0889.JPG

 

すんごい迷うって。「やっぱり初めて来たお店ではデフォルトだよなぁ。でもネギとか捨てがたいし」と後輩とうだうだ話していたものの、じゃあ、『油ねぎチャーシュー』と突然2人してハモってしまったため、そのオモロさも手伝って『油ねぎチャーシューそば』を注文。

 

IMG_0890.JPG

 

出てくるまで、店内をきょろきょろ見回したりしています。「油そばの食べ方」が張ってあったので熟読。言ってもまだまだ初心者、勉強は怠ってはいけない。

 

IMG_0891.JPG

 

ラー油、酢、豆板醤(?)にニンニク。トッピングたちです。

 

IMG_0893.JPG IMG_0894.JPG

 

そしてやって来た『油ネギチャーシューそば』。これはうまそう!「まず、よく混ぜること」って思いながら混ぜてたら、後輩はもう食い始めてた。最後に多めに油が底に残る派ですね。

 

IMG_0896.JPG IMG_0897.JPG

 

まずは、なにもせずに食べます。麺も味もなんというか、油そばのスタンダード。「他店の油そばを食べたとき、美味しいかどうかはこことの比較になってしまう」というのがスゴくよくわかりました。

チャーシューとネギがのっているので、その分のパンチは増えてると思いますが、それでも十分伝わってきます。ザ・アブラソバ。

ボクは軽めの1/3くらい食べてから、ラー油を投入。ちょいピリの刺激を楽しみにながら食べ、その味に慣れて来たら、今度はニンニクを投入。そして気づいたらもうフィニッシュです。

 

IMG_0899.JPG

 

ごちそうさまでした!

 

これは確かに、ある種の基準になる感じがするので、この油そばをふまえて、今まで行ったところはもう一回りはしたいな、と思わせる味でした。

 

帰りに高田馬場から歩いて帰ろうとしたら、後輩に「それはクレイジーですよ」と止められましたので、何駅か電車で移動してから歩いて帰りました。

 

アブラブ(油そば好き集まれ!) - 「ピープル」

【スポンサーリンク】