そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

ボ、ボビー・ブラウン!ジョニー・ギル!ラルフ・トレスヴァント!!!

スポンサーリンク

bjr.jpg全然知らなかったんですが、この年末、なんとボビー・ブラウン、ジョニー・ギル、ラルフ・トレスヴァントがセットで来日するそうですよ!!!

この、一定の世代を狙いまくりの組み合わせは一体なんなんですか!

ニュー・ジャック・スウィング/ダンス・ブームを数々のヒットで驀進したボビー・ブラウン、15年ぶりの来日公演が決定!!元祖バブルガムR& B/ソウル・コーラス・グループ、ニュー・エディションからソロへと転向後、ベイビーフェイスやテディ・ライリーらをプロデューサーとして起用したセカンド・アルバム『ドント・ビー・クルエル』(1988年)がBillboard Hot 200、堂々の1位を記録。「マイ・プリロガティヴ」「エヴリ・リトル・ステップ」「ロニ」「ロック・ウィッチャ」など立て続けにTop10ヒットを生みだした。今なお絶大な人気を誇るボビー・ブラウンが、ニュー・エディションの盟友でありソロとしても「マイ・マイ・マイ」という名曲を残したジョニー・ギル、そして同じくニュー・エディションのリード・ヴォーカルであり「センシティヴィティ」の大ヒットを持つラルフ・トレスヴァントとともに、ビルボードライブ初登場!

3人ともアルバム買いましたよー、当時!ばりばりNJSの洗礼を受けましたよ!

あ、ニュージャックスウィングというですね、ムーブメントが昔ありまして、みんなPV観て真似したりしてたんですよ。もとい、してたはずなんですよ。

 

でも、でもですよ、ボビー、ジョニー、ラルフと3人も来るのに、なぜBBD、そう、ベル・ビヴ・デヴォー(Bell Biv Devoe)が来ないのよ!!!ニュー・エディションからの派生では一番好きだったベル・ビヴ・デヴォーが来ていたら、まずこのライブ行ってたと思うのですよ。

名曲「Poison」は未だにDJでたまにつかったりするくらい大好きですよ!

Bell Biv DeVoe - Poison (1990)

※RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

どうです?どうです?かっこよくないですか!?歌と踊り、かっけーんですよ、これが!

そして、当時はやっていたはずのニュージャックスウィング付近の人たちが着ていたこの無駄にゆとりのある服装!


BBD.jpg

だぼっとした感じを着こなす(?)のがかっこ良かった(?)んですが、一番左にいるリッキー・ベル、この人、はい、ドン!


RickyBell.jpg

こちらのリッキー・ベルさんが着ていたのとまったくおなじジャンパーをボクは買ったんですよ!ちょうデカイ!高校生の頃でした...

 

そんな香ばしい思いをひりひりと感じながら、こんな情報を見つけちゃいました。

ニュージャックスウィングの代表的グループ、ベル・ビヴ・デヴォーがシーンに復帰へ。

 

ま、マジですか!きっと興奮してるのはボクとすもけの人のみ!

だから、BBDに来日して欲しいナー

 

Poison
Poison
posted with amazlet at 08.11.11
Bell Biv DeVoe
MCA (1990-02-28)
売り上げランキング: 36402

【スポンサーリンク】