そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

yanokamiの単独ライブに行って来ました

スポンサーリンク

僕はrei harakamiが好きだったので、yanokamiを聴き出した為、矢野顕子さんの作品はほとんど聴いていませんが、rei harakamiの慣らす音にあれほど気持ちよさそうに楽しそうに踊られると、なんか楽しさ独り占めだな、と思いました。そういうユニットを組めるというのはすごいな。

で、恵比寿リキッド3周年ということなんですね。恵比寿リキッドは4 heroやTTCなんかも確か曲のテーマにしていたと思うんですが、僕は新宿リキッドにしか行ったことがなく、今回のyanokamiライブが恵比寿リキッド初でした。とにかく人がすごかった。矢野顕子さんというアーティストとrei harakamiというアーティストそれぞれのファンもいるだろうし、矢野顕子さんもrei harakamiも知らなかったけどアルバムを聴いて好きになったという人もいるでしょうし、そういうたくさんのファンが集まって一杯になったというのは すごいことではあるとはおもうんですが、やはりもうすこしゆったりとした空間で聴きたかったです。身動きが取れない状態というのはちょっときついですよね。

ちなみにyanokamintroのWinnerの紹介もありました。受賞した人に関しては、yanokamiサイトでは27日に発表ということだったので、誰がという言及は避けますが、この作品は観ていて、本当にこの音を楽しんで作ったんだろうなとシンプルに思える作品でした。って言うと、多分どれが受賞したかはわからないと思いますが、それくらい音の感じ方は人それぞれで、その結果としてのoutputがこれくらい変わって来るんだ、というのがオモロいです。全然違う方向からも音の楽しみ方の違い、というのを今回痛感し、ちょっと反省しました。そうですよね、いろいろな楽しみ方がある。ごめんなさい、そしてありがとう。

まだノミネート作品を観てない人は、Voteはもう終了していますが、今からでも各作品を観て、どれが選ばれたんだろうと想像してみて下さい。僕はこの作品はすごく好きだ。

今日、貧血でライブのときに倒れた人がいたらしいです。お大事にしてください。きっとまた聴く機会があるとおもいます。その時は、また一緒に聴きましょう。

yanokami yanokami

yanokami

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】