そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Gagle『3peat』のアナログが当たりました

スポンサーリンク

Gagle Gagleの『3peat』のCDを買ったときに、特典「3peat EP」プレゼント、という特典の応募はがきが付いていて、応募していたんですが、ありがとうございます、見事当選しました。

と、言ってもちょっと前のことだったので、例のごとくすっかり忘れていました。宅配便が来たことも予想外だったし、どう見てもレコードっぽいダンボールで、「ん?Zeroでもないな。つか、アナログ買ってないし」とか思っていたら、送付状のところに「特典」という文字が!

ささ、オープンです。

Ts3e0065

「厳正なる抽選の結果」というのは今年一番好きな言葉です。これを見て「Gagleってコロムビアだったのか!」と気づきました。Jazzysport、という風にしか思ってなかったです。

Ts3e0066

今回のアナログは3人のサイン入りです。はじめ、これの裏が上を向いていたので気づきませんでしたが、ひっくり返したら、サインが出てきました。MITSU THE BEATS、Mu-R、Hunger3人のサイン、初めて見たので、順番にご紹介。

Ts3e0067 MITSU THE BEATS

Ts3e0068 Mu-R

Ts3e0069 Hunger

Hungerのサインには名前以外に何か書いてあるんですが、解読できませんでした。

肝心の収録曲はこんな感じ。まずはSide A。

Ts3e0070

「夜ナ夜ナ ~ scene #2」「runpass!」「runpass!(instrumental)」。

Ts3e0071

Side Bは「若き匠たちへ」と「夜ナ夜ナ ~ scene #2(instrumental)」。

Hungerの持ってる独自のリズム感がすごく好きで、身体にガッて来てグッて持っていく感じは、初めてzamurai TVで聴いたときにもうもってかれました。感覚的にはジョジョの第1部でDIOがラグビーのときにカクカクッって相手を抜いて走っていくあの直角のターンの感じをHungerのラップには感じます。初めて聴いた「Rap ワンダーDx」でもうやられてた。

Ts3e0074 (聴いてると、ついいじりたくなって、出来もしないのにコスったりしてみてしまう)

iTunes Storeでもアルバム『3Peat』は扱っているので、是非試聴してみてください。ビートがピンボールみたいに動き回る「黒フェッショナル MC」はかなりオススメです。

3-PEAT 3-PEAT

GAGLE

Amazonで詳細を見る

  GAGLE - 3PEAT

【スポンサーリンク】