そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

さあ、Moxaです

スポンサーリンク

070716moxa 何度か白石さんのDJを聴くチャンスを逃し、今度こそは、と楽しみにしていたのが、今度の祝日に行われるmoxa。面子が豪華です。時間がゆるい感じでいいです。

(フライヤー画像はcorde blogから拝借)

今回は『拝むように弾いてくれ』でも何度も話題にしたreflection谷口一郎さんがメインアクトです。corde blogでは”おさらい”シリーズに引き続き、インタビューシリーズがエントリーされています。作品のおさらいだけじゃなく、これも必読。

reflection interview その1
reflection interview その2
reflection interview その3

白石さんと共に出演するのはLisM a.k.a. Go Hiyama。cordeから8/25にアルバムリリースを控えています。cordeLisMのmyspaceで音源が聴けますが、なんというか、最近のcordeのリリースライン(白石さんやreflection、opiateなど)のどれかひとつでも気に入った人ならまずは『friendly wind』を試聴してみてください。このmoxaのアクトに選ばれたのも納得の心地よい音です。暖かいです。James Ruskinなんて名前が連想される音ではありません。ちなみに、James Ruskinのアルバム『Further Design』は持っていましたが、無くしてしまいました。本当にCDやアナログをよく無くしている。

これまたcorde blogでLisMの紹介エントリーがあるので、さらっと読んでアルバムに思いを馳せてください。

白石隆之さんはもう日本のシーンの大ベテランですが、常に新人みたいにアクティブに活動されている姿がすごいです。HMVがインタビューをしていますが、僕がいわゆるテクノと呼ばれる音楽を聴きだした頃からいままで、ぶれない活動スタイルと多彩な音がとても不思議でたまりません。

今度のmoxaはそういう不思議なものを確認しに行く、という理由もあるのです。

行かれる方、moxaでお会いしましょう。

TIME6328 TIME6328

白石隆之

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】