そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

長持ちするというのはいいことだ

スポンサーリンク

うちのMacは2代目で、初代はPower Mac 7500/100というやつでなんと7年もなんだかんだ拡張して使っていました。ちなみに名前は「権七」。4年前にOS Xを使う必要が出て、2代目としてiMac 17inch(1Ghz)を買ったのですが、それまではバリバリ我が家の現役マシンでした。

そんな鉄人のあとを継いだ2代目(名前はジュピ太)も先代の半分以上愛用してきましたが、なんとこのマシン、メモリが256MB!インテルCPUのこの時代に256MBです。でも、壊れないタフなやつなので、こうなったらとことん使ってやるか、とメモリ増設することにしました。

いろいろ調べた結果、マックメムさんというお店にたどり着き、メモリの増設方法が写真つきで解説されていたので、ここで裏蓋開けてすぐのSO-DIMMスロット用の1GBを購入しました。

そして今日届いたので、ジュピ太の緊急手術開始です。

Ts350010

こいつがジュピ太です。手術前でいつもよりも暗い表情です。

そして、手術台へ。

Ts350011

覚悟を決めてもらって、こちらも「静電気怖い」を連発しながらも、準備を進めます。

Ts350013_1

↑このマークが怖い。あけたらガスが出てきて、それ吸ったらバタリアンになっちゃうよ。

Ts350012

開腹したジュピ太。4年使っててはじめてみた。メモリ指すところは、マックメムさんが言っていたように、デリケートな感じで、割れそうで怖い。その割には作業はざくざく進む。

Ts350014

メモリはいりましたー。これで後はふた閉めておしまい。

かなり簡単に作業が進みました。うちのジュピ太も遂に待望の「G」越え達成です。
↓感動の「G」越え、1.25GB。小さいけど確実な幸せ(小確幸)。

1gb

肝心のスピードですが、やっぱり速いよ、Gのスピードは。といいながら、今これを書いているのは仕事から解放されたWinノートで1.5GBくらいメモリのつんであるノートなので、ジュピ太よりも早いのですが、なんというか、出来の悪い子ががんばったときの感動?スクールウォーズ系の熱さみたいなのをジュピ太から感じます。OS自体の立ち上がりも早かったけど、アプリの起動はやっぱり違います。

今回利用したマックメムさんは、購入時の丁寧なメールから到着時の同梱物まで、最近オンラインでモノを買った中で、なんつうか一番人間味溢れるほっこりする対応だったので、気分良かったです。これから古いMacにもう一花咲かせようと思っている人にはおススメのお店です。ありがとうございました!。>マックメムさん

とかいいながら、新しいMacBookが発表されちゃったのでチョー欲しいです。(ビリーじゃない方の)BootCampで使いたいッ。でもレパードがリリースされるまで我慢。レパードリリースにあわせてMacBookを買おうとねらっていますが、今回パワーアップしたジュピ太は壊れるまで現役で使われる予定です。

MacBook

【スポンサーリンク】