そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Hard Workin' !!! Mr.Dynamite!!!

スポンサーリンク

去年のクリスマスにJBは亡くなってしまいましたが、音楽界にはJBの(直接間接問わず)影響がない人などいない、と言われています。

そして、その影響を濃厚に受けというより、そのまま再現することに魂をかけたバンドが日本にもいます。皆さんご存知のオーサカ=モノレール

オーサカ=モノレール(via:はてなキーワード)

結成13年目を迎えたソウル/ファンク・グループの重鎮。
大阪・東京での伝説的イベント『SHOUT!』のオーガナイズを経て、2000年に1st CD、2002年に2nd CDをリリース。映画『コフィー(1973)』『スーパーフライ(1972)』の自主配給、THE JB'sとのLIVE共演、MURO、SOUL SCREAM、Keycoとのコラボレーション、FM802、BLUE NOTE、スペース・シャワーTV、FM NORTH WAVEコンピレーションへの参加、韓国でのライヴアクト & CDリリースなど、果敢なハードワーキングを持ち味とし、'68~'73年ブラックカルチャーの燃えたぎるようなパワーを、ダンサブルに昇華させた約3年ぶりのセルフ・プロデュース最新アルバムを9月23日リリースしTOWER RECORDS『NO MUSIC. NO LIFE. 』にも登場するなど国内外ともに奔走の日々を送っている。

僕はブッダ・ブランドの『病める無限のブッダの世界』のオープニングで彼らのことを知りましたが、はじめはそれがバンドだ、と気づかなかったくらい、自然にファンキーでした。

そのライブはYoutubeにもあがっていたので、紹介します。気になったら聴いてみてください。TSUTAYAにも置いてありますよ。

Eyewitness To The... (medley) (2005) by Osaka Monaurail

EYEWITNESS TO THE... EYEWITNESS TO THE...

オーサカ=モノレール

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】