そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

GINGER DOES'EM ALL

スポンサーリンク

緻密なカット・アップとコラージュで編み上げたGINGER DOES'EM ALLのミニ・アルバム『GET IT』発売(via:bounce.com

〈愛する全ての黒人音楽をひとつにしたい〉という思いからに生まれた酒井大介の一人ユニット、GINGER DOES'EM ALLのミニアルバム『GET IT』が6月6日に発売される。

このキャッチフレーズはすんごく惹かれます。

また、ゲストとして彼のサウンドに共鳴したブレイクビーツ・マエストロ〈RIOW ARAI〉、〈CAPPABLACK〉がリミックスを担当。

DJ Ductの時もそうでしたが、Riow Araiさんが関わるものは今のところ僕にとってははずれがなく、GINGER DOES'EM ALLもiTSで試聴したら、かなりグッと来ました。本当に好きじゃなきゃ滅多に出せない音ですよね。

Blogも書かれていて、その中に『Excellence: Selected Works / DJ Mitsu The Beats』のレビューがあったのですが、

悔しい悔しい悔しい。とにかく悔しい。

アラ探しをしようとしても認めざるを得ないセンス。サウンド。通常、日本人の作る音ってばジャジーでコジャレた感じが鼻につく場合が多いんだけど、これは違う。どちらかといえば小綺麗系に属するんだろうけど、それだけでは済まないサウンドの気持ちよさとアイデアがある。

コレを読んだ瞬間、試聴していたアルバムをクリックして買おうとしちゃいましたよ。このエントリー以外にも興味深いものがたくさんあって、楽しみが増えました。

ちなみに、アルバムはやはりCDで欲しいので、クリックするのは我慢しました。

Fever In Rhythm Fever In Rhythm

GINGER DOES'EM ALL

Amazonで詳細を見る

  Ginger does'em all - Fever in Rhythm - EP

【スポンサーリンク】