そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

ちょっと興奮してタイトルを付け忘れたことに気づいてつけたタイトル

スポンサーリンク

reflectionのおさらい1(via:corde blog

11年振りとなるアルバム『music bizarreness』をいよいよ5/5にリリースするreflectionについて、ここらでおさらいと行きましょう。だいたい、reflectionって誰? という人の方が大多数になってしまいました。月日が流れるのは早いものですね。

reflectionがついに出る、というのは一部で大騒ぎだと思いますが、僕もClearがディストリビュートした「The Errornormous World」を97年に買って知ったので、「おさらい」は大歓迎です。

The Wall With Paintings / Flowers For The Moonlight (12")  Lollop  1995
反射神経的に買ったこのアナログを聴いても、CDでアルバムを聴いても、11年ぶりとか言われるような音ではないんですよ。強引に音の雰囲気を言うなら一番近い感じで聞こえるのは、今だとNujabes周辺が結構近い感じがします。

でも、それこそClearをチェックしだしたのは、Aphex TwinやAutechreのような音をもっと聴きたかったときに視界に飛び込んできたレーベルだったからだし、そういう粒子系な響きもあり、Jazzyなムードや響きも奏でている11年前から何が変わって何が変わらなかったのか、そもそもrefrectionって?と、「何年ぶり」人も初めての人も、アルバムが出る前にこの「reflectionのおさらい」が気になって仕方ないんじゃないでしょうか?

Modal Soul Modal Soul

Nujabes

Amazonで詳細を見る

【スポンサーリンク】