そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

怒りの石鹸

スポンサーリンク

トーストール24回、インサイドストール12回で早速クリッパーへ。右インサイドストール→右クリッパー→右インサイドストールはわりと早くから成功する。トーストールからよりインサイドストールからの方がクリッパーに入りやすい。左クリッパーはなっかなか成功しないが、右はクリッパーの後、トーストール連続には入れた。途中やはり上半身に力が入っていたので、脱力,脱力。クリッパーが、というより、クリッパー(に限らずまだ困難なもの)に入ろうとするときの力みとかSetの不安定さが問題。でもこれは続けることでナチュラルに脚をならしていくことに決めているので、焦りは無い。

途中、ふとダッキングをやってみる。トーストールからバッグをくぐるように首の後ろを廻して逆の足でトーストールするもの。これは、首の後ろを廻す ところまでは簡単だが、問題は落下するバッグをストールすることで、耳の下、首の後ろあたりから落ちてきて、いきなり視界に入ってくるバッグに対して反応 するのは、夜だからか眼鏡のフレームが邪魔しているのか、えらいむずかしい。何度かやったが結局あきらめる。今日は。

またクリッ パーの練習に入り、交互にミラージュの練習もやる。昨日は左トーストール→右index(右足で打ち回しにバッグをまたぐ)→左トーストールに成功したの で、今日も挑戦。ぐだぐだになりながらもなんとかぎりぎりMake。そうなると当然次は逆の右トーストール→左index→右トーストールだ。これがま た、振り出しに戻ったかのようにむずかしぃっすよ。落ちたバッグの横に遅ればせながら並ぶ右足。置いてかないでと急ぐも、落ちたバッグの横に寄り添う右 足。懲りずに練習していたときに、体が「!!!」という瞬間が来た!「アル中の言う頭脳明晰な瞬間byジュールズ・ウィンフィールド」(パルプ・フィク ションよ)の体版だ。ジョジョでいうならば、移動しているときに3人分くらいのジョジョがいるあれだ。左トーストールから右indexしながら体を右に移 動している時、レールに乗っているような無駄な力の入らない自然な動きをした。もう、「ハッ!!!」とその感覚をもう一度味わいたくて、左右両方から猛烈 にミラージュ・トライですよ。で左に移動するミラージュも徐々に右足に当たるようになっていき、もうこれはMakeしなきゃ駄目だろう、という気持ちで連 続トライ。んで、遂に来た。右トーストール→左index→右トーストールもMake!うし!

んでもって、クリッパーも右インサイドストール→右クリッパー→トーストール連続→左クリッパー→右トーストールw/Dropとノードロップで左右が続いた。今日も汗だく。外は寒さで車の窓ガラスとか曇っちゃってる中、俺蒸気もくもく、怒ったケンシロウかと。ぐごごごご。

【スポンサーリンク】