そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

考えるアサラト

スポンサーリンク

なかなか振る時間を捕まえられなかったが、今日は振った。

古武術の影響がなきにしもあらずだが、いつもよりも振ることを考えながら振る。

とりあえず、Fela And Afrika 70を流しながら、フリフロから。ハングフロップならまだしも、ハングフリップが安定しないのには、何か訳があるはずだ、といろいろ考え、とりあえず脇を 閉め、肘から手までを垂直にした状態を意識して振る。(ついでに肘が支点として固定されなくてもいいのではないか?というような考えもよぎるが、何にもつ ながらなかったので保留)

普段使ってるサイズではなく、小さいやつも使ってフリフロやディレイドさせたフリフロ、ハングフロップとハングフリップやドリフなどをいろいろ練習してみて、ふと考え方が違う方向に行く。

片方はフリフロを続け、もう片方でシェイクをしばらくつづけたあとに、逆のフリフロに合流させてみよう、と。

これがなぜか全然はまらない。リズム感が悪いのだろう、と言ってしまえばそこまでだが、なぜかディレイドの状態になる。

手の向こう側でクリックし戻っていくタイミングに合わせて、反対側のシェイクの手を開きフリフロにする。手がこっち側に来るタイミングではなく、向こう側に行く「チョップ」のタイミングのはずだ。

それで出しているはずなのに、なぜかディレイド。なぜにディレイド?何度かやっていて、うまく行くときはかならずなんかずれた感覚が残る。

どこか誤解している。頭も体も出すタイミング、出ているタイミングを理解できていない。必ずしも頭で理解する必要は無いんだけど、どの感覚が正解なのか全然つかめてない感じ。

ドラムで、ドンドンダ、ドダドダドンダ、っていう裏にスネアを入れるのを練習してたときに近い困惑?あの手と脚がどんどんずれる感じに近い。

ちょっと、この練習を続けることに興味が出てきた。

ちなみに、クリック音はたまにAfrika 70のメンバーになった気分で合わせたりしている。したり顔で。ゾンビィ。

Zombie Zombie

Fela Kuti & Afrika '70

Amazonで詳細を見る

  Fela Kuti - Zombie

【スポンサーリンク】