ホーム > タグ > hulu

hulu

ブラウザでHuluにアクセスすると404エラーが表示されてしまう問題の回避策を @Hulu_JPSupport のやり取りの中から見つけた件 #hulu_jp


 

ゴールデンウィーク、空いた時間でちょっと海外ドラマとかおもいっきり映画三昧をHuluで、と考えている方もけっこういるとおもいます。

ボクもブラウザで何を観るか決めて、AppleTVで本編は観る、という選び方を良くするのでいつものようにHuluにアクセスしたら、404エラーが出た。

 

huluerror

 

「Huluのホームページに移動する。」をクリックしても移動できないので参ったな、と思ってましたがAppleTVではいつもどおり使えたのであまり気にせずAppleTVで『ウォーキング・デッド』の最新話とか観てました。

でも、ブラウザからは観れないままで気持ち悪かったので、ちょっと情報収集してみたら回避策があったのでサクッと共有。

 

https://secure.hulu.jp/loginからアクセスし、ログインし直す。

 

ボクはコレで解決しました。www2.hulu.jpにアクセスするといい、というのも見つけました。どちらも再度ログインし直すのが良いようですが、そのページに辿りつけないというのが今回厄介な点でしたね。

Twitterでサポートアカウント観てみたら同様のエラーの問い合わせが結構あります。

Huluお客様サポートセンター (Hulu_JPSupport) on Twitter

Huluの利用に関してなにかトラブルがあったらまずこのアカウントのやりとりで類似性のあるものがあるかどうか、見てみるといいですね。ハッシュタグもあります。

Twitter / Search – #hulu_jp

人気のサービスでハッシュタグ内も情報がたくさんあって探すの大変かもしれないので、エラー系で回避方法があるものはなにかわかりやすく情報発信できたらいいですね。

 

と、いうことでHuluへのアクセス、復活したのでご報告&サポートセンターの方々、GWの対応お疲れ様です。がんばれ〜

 

 

【hulu1周年】祝AppleTV対応【おめでとうございます!】


 

hulu

 

遂にAppleTV対応 

ちょっと前にAppleTVハック?系の話題があがり「そろそろじゃね?」と期待値が一気にアガったhuluのAppleTV対応、遂に来ましたね!

さっそくAppleTV対応を記念して選んだ1本は最近一気に投入されてストライクな世代は驚愕したジャッキー・チェン映画のこちら。

プロジェクトA – Hulu

 

怒涛のコンテンツ拡充・デバイス対応強化・値引き

AppleTV対応だけじゃなく、この1年のhuluのコンテンツ拡充(と対応デバイス強化)はホントスゴカッたですね。

ボクは『Lost』シリーズから始まったhuluライフですが、(iTunes Storeに無い)テレビドラマだけでも『Lost』『ウォーキング・デッド』『ライ・トゥ・ミー』『モテキ』『孤独のグルメ』をhuluで完走しました。

海外だけじゃなく国内ドラマが入ったのは本当にビックリしたし、『モテキ』なんてhuluのおかげで観た(そしてハマった)。

これは映画に関しても同じで、国内外の映画がグングン増えていくので、映画の新着リストを観るのが癖になっている。これはリアルショップの方のTSUTAYAに行った時にまず新作コーナーをチェックするのと同じ感じです。契約上の入れ替わりはあるものの、再登場なども期待できるので、やっぱ気になって観てしまう。

 

これはもう十分だよ…って思ってた矢先には月額を1,480円から980円にディスカウントするという、ホントこのタイミングでやっちゃうの!?大丈夫だよ1,480円払うから!とこちらが逆に焦る料金改定を実施で、たしかにこれを機にまわりでhulu加入した人増えた気がします。

1本1本レンタルする場合と違って、月額980円で見放題というメリットを思う存分楽しむ見方も出来るので、iTunes Storeで映画を借りることはほとんどなくなってしまい、VODならhuluだけで十分で補足をリアルショップTSUTAYA、というので落ち着いてしまった。海外出張時にhuluが観れないというのに気づいて(※国内向けサービスのアカウントだから当たり前です)驚愕したのすら懐かしい。

 

日本上陸1周年おめでとうございます

Hulu がサービス1周年 — 「Apple TV」への対応や、ギャガ/円谷プロとの提携を発表 – インターネットコム

 

PC向けVODは、CinemaNow上陸の失敗(980円定額見放題)があったこともあって、ワーナー・オンデマンドもiTunes Store映画も、スタート時のコンテンツ不足みたいなのがあったとしてもとにかく応援したい、という気持ちもあってかなり利用している方だと思ってはいるのですが、huluはもうそういうところを抜けだしてしまって、ひと月に一定量の映画のレンタルをしてきた人にとっては、とにかく新作を観たいという風にしなければ、PCでも観れて、iPhone・iPadでも観れて、さらにテレビでも観れるとホントに無双状態に入ってしまいましたね。

PCで、iPhone・iPadで、テレビで、というのはただ観れる環境が多いってだけじゃなくレジューム機能やマイリスト機能もシェアできているので、移動中にiPhoneで観て帰ってきて続きをテレビで見て、あるいは自室のPCで観て、みたいなことが出来るのでそれも忘れてはいけない。(開始当初はiPhoneの3G回線でここまでちゃんと見れるのか!と興奮したものです)

 

今後も引き続き期待してます(チラッチラッ

この先は、コンテンツはさらに増えていくと思うので、マイリストの使いやすさの向上とかだけではなく、サジェスト機能の精度のアップなどの「新しい番組・映画との出会い」部分が強化されていくと嬉しいです。

 

なお、「Hulu」では2012年9月12日から、サービス開始1周年を記念したキャンペーン「Hulu アンバサダープロジェクト」を開始する。これは Facebook や Twitter を通じて「Hulu」についての情報発信をしたユーザーを「Hulu アンバサダー」に任命するというもので、先着10,000名の新規会員登録者には1か月の無料トライアルを提供するという。なお、「Hulu アンバサダー」には著名人も就任予定とのことで、詳細はウェブサイトで発表していくという。

 

ほほぅ~huluアンバサダーかー 、カッコイイなーhuluアンバサダー(チラッチラッ

 

まとめ:AppleTVを買おう!

いつでもどこでもhuluを楽しむためには、やはりAppleTV。持ってない人はホント買っておいたほうがいいよ!PS3とかWiiで見れるもん!って人もiPhone使ってるなら買っておいたほうがいいよ!MacBookのOSをMountain Lionにしてる人デスクトップごとAirPlayできるよ!AirPlayヤバい(ハァハァ

 

 

 

月額980円(税込)のhuluだからこそ観た映画5本


 

 

huluのホントの醍醐味は普段やらない映画のチョイス

huluが日本でサービスを開始した日のことはわりとはっきり覚えていて、仕事中にネットのニュースでその日スタートと知ってその場ですぐ無料トライアルに申し込み、「iPhoneの3Gでここまで観れるVODがとうとう日本でも始まっちゃったよ!」と当時の同僚のところに鼻息も荒く画面を見せに行きました。北米のいろんなVODが苦戦してた問題を颯爽と飛び越えたんだなぁと感動したんです。

さて、そんなhulu、やはり初めは「ラインナップがなぁ」みたいな声をよく目にしました。VOD自体がとても嬉しいサービスで日本で今度こそ続いて欲しい、みたいな贔屓目もあったかもしれませんが、でも、「ラインナップがなぁ」という状況はひっくり返すと「普段観ない映画やドラマを観るチャンス」とも取れるわけです。

自分の足でツタヤまで行っていざDVDを借りようとするとやっぱり、移動コストも含めて元を取るチョイスを無意識のうちにしてしまいがち。

その点、「今はコレしかない」という状況はけっこうな未知の映画を見るチャンスをくれました。

 

一歩引いた作品だから出来る断片視聴とBGV

iPhoneで観れる=移動中も観れる、というのはかなりのメリットなんですが、ドラマにしても約45分集中する移動ってなかなか無い。だから乗り換えで一時停止、会社に着いて一時停止、と断片的な見方にならざるをえない。だがそれがイイっ!

肩肘張らずにゆるくたくさんの映画をスキマ時間にNHK朝の連続テレビ小説くらいの感覚で観ていける。

さらに、たとえばもう既に観たことのあるお気に入りの映画を流しっぱにして憧れのBGVのある部屋みたいなプレイも出来る。これってhuluの2大メリットだとボクは思っています。

 

だから選べるこの5本

2ndアルバムくらいから、徐々に足を踏み外していった歌姫マライアの集大成。高校デビューinハリウッドな痛快ワタシヲミテ映画。1stアルバムを腐るほど聴いていたマライア・ファンとしては「良かったねぇ、良かったねぇ」と孫を愛でるような気持ちで半分だけ観ました。独特な時代の捉え方はいつか評価してもらいたい。

 

 今やアメコミ原作は飛ぶ鳥を落とす勢いで増幅中。アメコミ好きとしては嬉しい限りですし、この『ゴーストライダー』もリボーンというかリメイクというかが進んでいます。原作の翻訳版は売ってなかったのでアウトラインだけでも知りたいと鑑賞。ボクは嫌いじゃないです。

 

 huluのおかげで『Lost』を全部観ましたが、その後huluで見かけて懐かしさというより「あ!サンだ!」という変なうれしさでDVDで当時観て以来2度目を観ました。韓国映画のとことんまでやっちゃう感はスゴいと思うし、そのストーリーの芯の太さに古くならない名作だな、と改めて思いました。

 

仁義無き戦いシリーズは観ていたもののこのシリーズは初見。文太さんのカッコ良さもさることながら、地井さんカッコイイんだこの頃から。昔の役者さんの若いころの艶ってなんだろうか。

 

 誰でもたまにふとゾンビ映画が観たくなるもの。そんな時にザック・スナイダーのこの作品が観れるというのは素晴らしいことです。ただし、電車の中で真剣にiPhoneでコレ観る時は周りに気をつけてください。ふと気づくとスゴイ目で映画ではなく自分が見られてる場合があります…

 

 

自分フィルタが入らない映画の選び方って、わりとオモロイです。「今日は5ページ目の上から3段目の左から2本目」とかいうメチャクチャな選び方で観ていると、テレビでやってる深夜映画を観てる気分にもなれる。

もちろんAクラスな作品はわんさかあるし、なによりドラマシリーズが貸出中なんてこと無しで観れるhulu。ぜひ、ちょっと眺めのお休みがある時に無料トライアルでなにか好きなモノを片っぱしから観たり、これは選ばないなぁってやつをだらだらと観たりしてみてください。

映画館ともテレビともレンタルDVDともまた違った映像の楽しみ方がここにはあると思います。

Huluを大きなテレビで観たい!それも安く!小さく!ワイアレスで!『WD TV Live』


 

AMNから案内のあったウエスタンデジタルジャパン株式会社主催「WD TV Live」発売発表会ブロガーイベントに参加してきました。

久々のブロガーイベントですが、ストリーミングメディアプレイヤー『WD TV Live』という製品の発表会、AppleTVユーザーでありHulu大好きっ子であるボクにとってグググッと気になった理由はたった一つ、「Hulu対応」です。

 

AppleTVをこう使っている

『WD TV Live』の話しに行く前に、今では無くてはならないモノになっているAppleTVのボクの使い方を。

うちのテレビは基本AppleTV専用といってもいい状態で、起きたらTVつけてAppleTVにiPhoneに入ってる音楽をAirPlayで飛ばしてます。

以前買ったスピーカーは今はもうMacBook Airにはつないでなくテレビにつけっぱにしているので、MacBook Airで音楽を聴く時もワイアレスなAirPlayでAppleTVが繋がってるテレビに飛ばしてそっちのスピーカーから聴いてる。

オーディオ/ビデオ機器をめったに移動しないテレビ周りに集結させ、好きなところに動きたいMacBook Airや持ち歩くiPhoneに入っているデジタルコンテンツをワイアレスに飛ばす、これに慣れてしまうと、快適すぎて大変。電源コードなども集結したほうがまとめてきれいにしやすいですしね。

 

Huluをこう使っている

海外ドラマ『Lost』からはじまり、決定打の『ウォーキング・デッド』と怒涛の勢いのHulu。 最近ではまさか観るとは思わなかったドラマ版『モテキ』なんかも見ちゃいました、Huluで。

このHulu、1ヶ月たった980円でドラマ/映画が観放題というだけじゃなく、デバイス間のレジューム機能の引き継ぎが結構ありがたく、電車の中でiPhoneで観て、家に帰ってMacBook Airで観て、寝る前にベッドでiPadで観る、なんてことをしてもきちんと続きから観れるスグレモノなので観たい時に観たいデバイスで続きから、という沼視聴が可能です(涙。

 

AppleTVとHuluでもっとこうしたい!

そんなAppleTVとHulu、便利であればあるほど欲が出る。

たとえば、HuluをMacBook Airよりも大きい画面のテレビで観たい。Hulu対応テレビやセットトップボックス、ゲーム機を買えば済むのかもしれないけれど、どれもHulu以外にやりたいことがないのでちょいお高いです。

また、AppleTVにAirPlayで飛ばせるコンテンツは限られているので、iTunesで管理しているデジタルコンテンツかiPhoneの画面自体のミラーリングでまかなっていますが、MacBook Airの外付けHDDで管理している(iTunesで管理していない)ムービーとかは、MacBook AirをHDMIケーブルでテレビに繋いでじゃないとテレビでは観れない。Huluをテレビで観たい。時はMacBook AirをHDMIで繋ぐかiPhone 4Sをミラーリングしてます。でも、HDMIケーブルでMacBook Airと離れたテレビを繋ぐのは美しくないし、iPhoneのミラーリングだとどうしても画像が弱くなる。(HuluアプリがAirPlayに対応したらいいのになー)

 

WD TV Liveはその溝を埋めるのか?

今回、ぜひ発表会に参加したいな、と思ったのもこういう要望に鍛えてくれるモノなのかどうか、とても気になったから。値段によってはHulu専用機でも良いし、プラスαがどこまであるのか、すごく期待していました。

ちなみに、「WD TV Live」の概略はネット上の記事なんかが詳しい。

『Hulu』も観られる!ネットワークメディアプレーヤー『WD TV Live』登場

リリースはHuluと共同だったらしいですが、「『Hulu』も」というキャッチが、かなり魅力的になってる事自体、日本での一部のHulu需要がグイグイ来てるのがわかりますね。

 

WD TV Channel You


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

イベントとしてのレポートは他の方々のものを参照いただくとして、「じゃあ、ボクはWD TV Liveを買うか?」という視点のみで聴いていて気になった点はこんな感じ。

 ・オンラインコンテンツの需要

アタリマエのことでしょうが、これに対してきっちり考えてらっしゃる。どうしても期待してしまうニコ動とかustとかのストリーミング系にもとても前向きな姿勢を感じました。こればかりは技術面だけで同行できるわけではないので、こういうセットトップボックスにそれぞれの需要があるというくらいファンがサポートしてメーカーさんに頑張ってもらうしか無い。今回の日本版Huluの採用はそのあたりのニーズがマッチした感じですよね。

・AppleTVを意識している

これまた当然、意識して差別化を図ろうとしてらっしゃる。「Appleの閉じたエコシステム」に対してオープンなスタンスで対抗していくようです。ただ、ボクはAppleユーザーなので閉じていることはそれほど問題ではないけれど、Appleだからやらないことが出来るのであれば、それはありがたい。AppleTVでHuluが観れないならウチで、と思ったかどうかはわからないですが、Huluを載せた、というだけで少なくともボクはなびいた。

その他、ワールドワイドでは契約しているものの、日本ではサービス自体が開始されていないVODサービスはたくさん載っけてるんですが、こればかりはVOD側が頑張って日本展開してくれないと、ですものね。

・ネットワーク・メディアプレーヤー

今、ボクが感じている『WD TV Live』の魅力が100だとすると、70はHuluですが、のこり30はこの部分で、WD TV Liveは2つUSBを持っているので、ここにHDDを繋いだり、ホームネットワーク上のHDD・Mac・PCなどにあるデジタルコンテンツもWD TV Liveのプレイヤーで再生が可能。

ムービーの入ったHDDを繋いでおけば、MacBook Airを起動してなくても視聴が出来るし、AppleTVが対応してない部分を多少カバーできると思います。

 

買うの?買わないの?

ボクが無知なので、こういうことは他の機器でも出来るのかもしれないのですが、この値段(1万ちょい)とコンパクトさとであれば、勢いで導入しちゃうかもしれない。ただし、AppleTVとどっちが良い?と訊かれたら、iPhoneユーザーで(でさらにMacユーザー)にはとりあえずAppleTVを勧めます。

ヘビーなHuluユーザーで、テレビ周りの機器がHuluに対応してなくて、しかもHuluを大画面で観たい!って人は十分ありじゃないでしょうか。たぶんボクは買っちゃうな。

また、ほんのり期待はしてるんです。日本で展開しているVODサービスもほかにまだまだあるし、WODに対応したら、とか、RISEオンデマンドもあるぞ、とか。

だから、もうひと押し!もうひと押しがほしい!

 

 

 

 

イベントの最後に

発売前(発売日は6/1)の『WD TV Live』を5人にプレゼント、ということでじゃんけん大会がありました。

残念ながら『WD TV Live』のじゃんけんには負けてしまったのですが、HDDのメーカーさんということで2TBのポータブルHDDもなんと5人にプレゼント!おかげさまで、こちらはがっつりじゃんけん力を発揮していただいて参りました。やったー!

 

 

 

 

遂にHuluに邦画登場!マイシアターチャンネル?


 

マイシアター - Hulu

 

最近は移動時にiPhone4Sで『Lost』や『ウォーキング・デッド』を観まくっているので、見事なHulu中毒ですが、各話を観始める時にチラチラ目に入って気になっていた邦画タイトル、遂に始まったようです。

マイシアター – Hulu

「マイシアター」ってアクトビラとかのチャンネルだったり映画情報を配信するサービスだったりと思っていたのですが、Hulu内では「スタジオ」として扱われています。

ラインナップ(一部)はこんな感じ。

 

マイシアター - Hulu

 

定額のサービスだからこそ、ボクは普段観ない邦画タイトルが入るとグッと視聴の幅も拡がります。「じゃあ観てみようかな」タイトルが一気に増える。ありがたい!

・・・いやいや、今は『LOST』の消化で精一杯だ!(うれしい悲鳴)

 

 

Huluは残念なんかじゃないです|お詫びと訂正


 

とっても大切な事なので追記だけじゃなく新エントリにも。

【追記アリ】期待のVOD、『hulu』のとってもとっても残念な点【そんな事全然ない!】

ここで書きましたが、Lostシーズン1の最終話が抜けている疑惑、完全にボクの思い違いで、24話と25話が合体していました。Huluさま、疑ってゴメンナサイ。

と、いうことで引き続きLostを楽しんでいます。

お詫びと訂正でした。

 

遂に『ウォーキング・デッド』が観れる!しかもHuluで!


 

エミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた、「ウォーキング・デッド」がHuluでFOXチャンネル放送直後に見れちゃいます!

日本でのHuluのサービス開始から約2カ月・・・ついにHuluにて、放送直後の海外ドラマが視聴出来るようになります!第一弾は、FOXチャンネルにて11月5日(土)に放送されるエミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた「ウォーキング・デッド」のシーズン2。Huluでは、エピソード1が11月6日(日)に視聴可能になります。そう、FOXチャンネルでの放送の翌日にです!また、シーズン1を見逃したあなたもご心配いりません、Huluでは同日にあわせて全話配信開始いたします。

 

なんということでしょう!遂にVODで『ウォーキング・デッド』、しかも放送直後に配信開始、というタイムラグがほぼ無い状態で!

なによりうれしいのがエピソード1も11/6から全話配信開始!

 

先立って購入し、読了した原作『ウォーキング・デッド』、原書のペーパーバック1〜3巻を翻訳しまとめたものですが、これはこれはとても読み応えのある傑作。

 

 

ウォーキング・デッド
ウォーキング・デッド
posted with amazlet at 11.11.04
ロバート・カークマン
飛鳥新社
売り上げランキング: 1433

 

 

 

 

グラフィック・ノベルなのにドキハラが味わえて、ゾンビものの王道とも言うべく人間同士のストーリーがしっかりと描きこまれています。

観た後に読むも良し、個人的には観る前に読むことをオススメ。

FRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉』のセル・レンタル・配信も開始され、大好きな海外ドラマが2タイトルも一気に来てしまって熱すぎるッ!!!

 

毎週最新話が追加される『ウォーキング・デッド』はこちらでチェック!

ウォーキング・デッド – Hulu

 

【追記アリ】期待のVOD、『hulu』のとってもとっても残念な点【そんな事全然ない!】


 

 

ハリウッド映画や人気海外ドラマなどのプレミアムコンテンツをテレビでやパソコンの他スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも、いつでもどこでもご覧いただくことが可能です。月額1480円で全てのタイトルが見放題。

 

という強烈な内容で日本のVODに殴りこみをかけたHulu。CSなんかでドラマチャンネルとか映画チャンネルを契約しているわけでもなくどちらかというとテレビを付けないボクは、MacやiPad(!)で観れるHuluはかなりストライクなサービス、字幕の問題点なども将来的に直ってくれるだろうという意味をこめて許容範囲、とても楽しく使っています。

 

ただ、ここだけはせっかくVODで参入してきてやっちゃマズイだろう、と個人的に思う点が1つ。

それは連続ドラマに抜けがあって一気見が出来ない、という点です。

 

追記2:これ、大間違い!!!ボクのおもいっきり間違いです!
抜けなんてなくて、シーズン1はそういう終わり方だったんです。(こちらのコメントで教えて頂きました。あらためて感謝です!)

お恥ずかしいかぎりです。そして続きを、もちろんHuluで楽しんでいます。主に通勤中の電車の中、iPhoneを使って観ています。Hulu、最高だよ、Hulu…

続きを読む

ホーム > タグ > hulu

 

 

 

 

最近のコメント
アーカイブ

ページの上部に戻る