ホーム > イベント

イベントのアーカイブ

【告知】7/13(土)「FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013」というフェスでDJをします。


 

FreeDommune

FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013

 

2度に渡り『GORGE』特番を放送したDOMMUNEの主催する「東日本大震災被災地支援イベントDOMMUNE FREE FESTIVAL「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」が7月13日幕張メッセで開催決定し、GORGE.INクルーの一員として出演することになりました。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、ちょっと初心に帰っておさらいです。

 

アーティストの宇川直宏が2010年3月1日にDIYで開局した、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル。 「ライブストリーミング」とは、PCやスマートフォンなどで、映像と音声からなる「生配信」を楽しむことができる、インターネット上のTV番組。 番組は月曜~木曜日にかけて平日毎日配信され、国内外の様々なゲストを迎え開催される19時から21時のトーク・プログラムと、世界各国のDJやミュージシャンが演奏する21時から24時のミュージック・プログラム(BROADJ)の2部で構成されていて、日本だけでなく、世界でも圧倒的な人気とビューワー(視聴者)数を誇っています。

DOMMUNEとは? | DOMMUNE (ドミューン)

  

ライブストリーミングチャンネルDOMMUNE主催の無料フェス。

東日本大震災の復興支援を目的として2011年に企画され、東扇島東公園で開催される予定だったが、開催日の2011年8月19日当日、豪雨の影響で「お客さんの安全を確保出来ない」ことから中止に。翌年の2012年8月11日、「FREEDOMMUNE 0<ZERO> A NEW ZERO」として幕張メッセで改めて開催。2013年7月13日に「FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013」を開催予定。

FREEDOMMUNE 0<ZERO>とは – はてなキーワード

 

ということなんです。現在、絶賛申し込み受付中ですので、ぜひオフィシャルサイトをチェックしてみてください。

RESERVE – FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013

  

そして、そのDOMMUNEも強くプッシュしている神秘のジャンル『GORGE』

Web上でもまとめや言及されることが増えて来ました。

2013/4/4 ゴルジェ特集@Dommune 反応まとめ – Togetter

ゴルジェ(Gorge)という現象、そしてそのカルト的熱狂 – インターネットの備忘録

Do you know GORGE? (英語)

 

 

「み」という曲もとことん振り切れた楽曲です。これは冒頭がファンコットで、中盤からゴルジェな展開をみせる驚愕のトラックで、忘我的境地に達するためのマントラでもあります。

ナタリー – [Super Power Push] きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」特集 宇川直宏が語るきゃりーぱみゅぱみゅ壱卍(万字)!!!!!!! (6/7)

 

日本のGORGEレーベル、GORGE.INから3人がショーケースとして登頂、いや登場。

 

ということで、はじめて幕張メッセでDJさせて頂きます。楽しみです。

ぜひみなさま幕張メッセでお会いしましょう。当日はGORGE.INステッカーを持参しますので、見かけたらお声がけください。

 

ARTIST - FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013

dubstronica | FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013

 

【告知】5/20(月) @DOMMUNEの「Gorge I/O Dommune 2013 / BROADJ♯903♯904」という特集でDJをします。


 

DMN

 

なんと第2弾開催!今回もOne Pusher(ゴルジェのDJの意)で参加することになりました。

 

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2013/05/20 (月) | DOMMUNE(ドミューン)

21:00~24:00 BROADJ

「Gorge I/O Dommune 2013 / BROADJ♯903♯904」
DJ:
MOODMAN(GODFATHER / HOUSE OF LIQUID)
HiBiKi MaMeShiBa
dubstronica(GORGE.IN / ヌルマユ / SUGODJs)
LIVE:
hanali(GORGE.IN)
Drastik Adhesive Force
uccelli & Gorge Clooney(anan.si/GORGE.IN)
実況:石井タカアキラ (@OIPLabel

 

インド~ネパールの山岳地帯のクラブシーンで生まれたジャンルで、低音の強調とタムの連打が生み出す呪術的なグルーブが特徴」と一部で熱狂的なファンが生まれ、遂に「The Mystery of GORGE/BROADJ♯856」〜ゴルジェ、この呪術的NU GROOVEの神秘…としてドミューンでも特集が放送。

Live、DJのみならずトークコーナーで明かされるGorgeのエピソードが大いに話題をよびました。

2013/4/4 ゴルジェ特集@Dommune 反応まとめ – Togetter

ゴルジェ(Gorge)という現象、そしてそのカルト的熱狂 – インターネットの備忘録

Do you know GORGE? (英語)

 

みなさまの熱いご要望にお答えする形でなんと第2弾ですよ!

Live、DJともに3組ずつ、今回はトーク無しのガチ(岩)のGorgeシャワーです。

そして、スペシャルゲストとして、かねてよりGorgeをPushしてくださっていたMOODMANさんが満を持してのOne Push!!!

 

  

 

さっそくDOMMUNEの公式サイトではスタジオ観覧の申し込みも行われていますので、お時間の許す限りぜひ遊びに来てください!

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2013/05/20 (月) | DOMMUNE(ドミューン)

 

前回のDommuneでのボクのOne Pushはこんな感じでした。今回はどうなる!?

 

 

予習もお忘れなく!

GORGE INGORGE IN(公式サイト)

 

日本でもゴルジェ公式のbandcampでいくつかのコンピレーションアルバムやアーティストアルバムが購入可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【告知】5/25(土) 『SUGODJs vol.5 – 秋葉原MOGRA』というイベントでDJをします。


 

SUGODJs Vol.5 フライヤー

 気づけば早くもVol.5。

今回はDJでの参加に加え、なんとゲストのブッキングまで担当させて頂きます。

 

  

秋葉原MOGRAで2012年2月、SUGOJAPAN主催イベントとして産声を上げた『SUGODJs』。

同年9月には第1回の興奮冷めやらぬメンバーが再度集結し『SUGODJs vol.2』を開催。女子率の高さ・インターネットの軽さというMOGRAらしからぬシチュエーションを生み出し一躍注目イベントに。

翌2013年1月に開催された『SUGODJs Vol.3』は、カレーパイセンによるオーガナイズとレギュラーメンバー&SUGOいゲストという現在のパーティースタイルが確立。

3月にはVol.4にあたる『SUGODJs “EXTRA”』が、初のカレーライス&オールナイトな”EXTRA”仕様で異例の短スパンで開催。


そして、早くも今年3回目となる『SUGODJs vol.5』、第5回目は5月でしょ!?という完全なる後付けを追い風に5/25(土)に開催決定です!

海外転勤で卒業ならぬ「DJ留学」をエモくキメたカツオにかわり、新レギュラーに『MIXXXTURE』でもお馴染みskiemoを加え、よりパワーアップしたレギュラーメンバーが、選りすぐりのSUGOいゲストをお招きして、素敵な音楽と楽しいお酒の6時間をお届けします!

今回のSUGODJsの裏テーマは「ヴィジュアル」
音とのコラボレーションをもっと楽しんでほしい!という思いで、VJが各時間のDJとコンビを組むようにプレイします。
いつも脇をしっかり固めてくれているVJ電光・VJもっち a.k.a. skyclaps、そしてゲストVJの9s9 (テラマツサラン)の三者三様のヴィジュアルが、さらに各DJたちによって様々なテーマで目を楽しませてくれます。

<日時>
5/25(土) 14:00~20:00
¥2,000/1drink

<ゲストSUGODJs>
D.J.Kuroki Kouichi
Makoto Ohashi a.k.a. DJM
masayuki kumahara(Live)

<ゲストSUGOVJs>
9s9 (テラマツサラン)

<レギュラーSUGODJs>
カレーパイセン(Mankhut)
D-YAMA(MOGRA)
skiemo (MIXXXTURE)
ハピ☆ドラ(Mankhut)
前座DOPENESS(ヌルマユ)
だぶ a.k.a. dubstronica(ヌルマユ/ねむみ)

<レギュラーSUGOVJs>
電光(ヌルマユ)
もっち a.k.a. skyclap

ーーー

今回のSUGODJsの裏テーマは「ヴィジュアル
音とのコラボレーションをもっと楽しんでほしい!という思いで、VJが各時間のDJとコンビを組むようにプレイします。
いつも脇をしっかり固めてくれているVJ電光・VJもっち a.k.a. skyclaps、そしてゲストVJの9s9 (テラマツサラン)の三者三様のヴィジュアルが、さらに各DJたちによって様々なテーマで目を楽しませてくれます。

SUGO:DJ+VJsラインナップ&タイムテーブル:

14:00〜14:30 dubstronica as “Curious Gorge” + 電光
14:30〜15:05 前座DOPENESS + 電光
15:05〜15:45 ハピ☆ドラ + 9s9 (テラマツサラン)
15:45〜16:15 masayuki kumahara + 9s9 (テラマツサラン)
16:15〜17:00 skiemo + もっち a.k.a. skyclaps
17:00〜17:45 Makoto Ohashi a.k.a. DJM + 9s9 (テラマツサラン)
17:45〜18:30 カレーパイセン + もっち a.k.a. skyclaps
18:30〜19:15 D.J.Kuroki Kouichi + 電光
19:15〜20:00 D-YAMA + もっち a.k.a. skyclaps

———–

SUGODJs Vol.5 – MOGRA 秋葉原

 

 

頑張って絞りに絞って「3DJ&1VJ」が今回のゲスト。

VJのテラマツサランさんは『ねむみ』でご一緒させていただいたVJさん。このイベント自体がかなり好きだったのですが、VJとしても2VJでオモロい映像を作られていて、とってもカッコ良かったのでお誘いさせて頂きました。VJだけじゃなく、描かれているイラストが80’sチックというかわたせせいぞうチックで年齢不詳です。ぜひ、1話書いていただきたいものです。

 

Makoto Ohashi a.k.a. DJMさん。「 a.k.a. DJM」の部分はボクが勝手につけました。実はボクがDJを始めた頃、一番初めに出来た2人のDJ仲間のうちのひとりで、当時はMD(!)でお互いのMixの習作を聴かせ合ったりしたDJ同級生(?)今までも何度か一緒のイベントに出たことあるのですが、今回満を持してかなり久しぶりに共演します。Coolなミニマルやテックハウスでジワジワとせめてくるプレイ、SUGODJsにはなかなかいなかったタイプできっとみなさまに楽しんでいただけるんじゃないかな、と思っています。

 

masayuki kumaharaさんはこれで共演4回目となるアーティストでこのBlogでは今までも何回か名前を観た方もいらっしゃるかもしれません。『風呂と音楽』『ketsu2』や『ヌルマユ』というパーティーでご一緒させていただきましたが、今回の場所はMogra。完全ダンスフロア対応のライブは観たことがないので、どう踊らせに来るか、今まで観たことのないPoohmobilサウンドを期待しています。

 

D.J.Kuroki Kouichiさんはご存知、日本のJuke/Footwork界の中心にいらっしゃる人のひとりで、Chicago House全般におっそろしく精通されています。Booty Tuneという日本が世界に誇るレーベルの中の人でもあります。

Shin-Jukeで初めてお話させていただき、これはもうボクの好きなJuke/Footworkを知ってもらうには自分でやるよかこの人のDJを聴いてもらったほうが嬉しい!と思ったので告白しました。当日は Booty Tuneの物販も予定しており、ボクもお気に入りでDommuneに着ていったBooty Tune Tシャツが買えるかもしれませんよ!普段はBandcampメインで販売されている音源のCDRの販売なども期待出来ますので、現場でJuke/Footwork聴いたことないけど、いきなりその中心イベントに行く勇気までは…という方も是非体験していただきたいです!

 

なお、ボクはトップバッターでGorgeをプレイします。VJの電光とコンビでゴルい絵と音のために、電光は山合宿を観光したという噂も聞いているので、今から映像に負けないようロックしていきます!

日曜から土曜のデイタイムに格上げ?されたSUGODJs Vol.5、ぜひお楽しみに! 

【告知】4/12(金) 『DETOUR vol.2』というイベントでDJをします。


 

 

575875_464754886931409_370560493_n

 

急遽決まった&所要でバタバタとしていてすっかり告知を忘れてしまいましたが、このイベントに呼んでいただきDJすることになりました。

 

DETOUR vol.2 [ Farewell TYO Issue ]
東京都渋谷区 Ruby Room

entrance:
2000yen/1d

Guest DJ:L?K?O

DJs:
カツオ(Mankhut/ヌルマユ/SUGODJs)
dubstronica as “Curious Gorge”(GORGE.IN/ヌルマユ/ねむみ/SUGODJs)
onionboy(speakraw)from Osaka

メインストリームやジャンルといった“本線道路”からちょっと脇道に逸れるカンジで自分の知らないgood musicを発見する“迂回路”的partyの「DETOUR」

その2回目は、三軒茶屋orbitでの「ヌルマユ」をはじめ、ジャンルを跨いだplayスタイルで数々のフロアを沸かせてきたカツオ氏が間もなくバンコク(タイ)へ旅立つということで、出立直前に奇跡のもう1playを緊急開催!!!!

お見送りDJとして、昨年から注目を浴びている辺境ベースサウンドGORGEシーンから、先日DOMMUNEでのplayも興奮冷めやらぬdubstronica。
また、最近soundcloudへUPされてるMIXが国内外問わず注目を浴びており、カツオ氏も競演を熱望した注目の新鋭onionboyが大阪から参戦決定☆

そしてゲストに、大都会から辺境まで縦横無尽のSoundscapeをターンテーブルから紡ぎだす唯一無二のDJであるL?K?Oをお迎え致します!!!!
奇しくもカツオ氏が赴くバンコク在住のL?K?Oこそこのpartyのトリにふさわしい存在。。

たった1日で決まったこの奇跡のラインナップで今回はお届けいたします!!!!

国道から生活道路に迂回したら、たどり着いた先は辺境だった。。
そんな音世界をご期待ください


一緒にヌルマユ・SUGODJsでDJをしてきたカツオくんの壮行会も兼ねているのでエモい感じもありますが、なんといってもL?K?Oさんもいらっしゃるとのことで、楽しい一晩にしたいと思います。

 

 

【告知】4/4(木) DOMMUNEの「The Mystery of GORGE/BROADJ♯856」〜ゴルジェ、この呪術的NU GROOVEの神秘…という特集でDJをします。


 

DMN

 

急遽決定、DJで参加することになりました。

 

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2013/04/04 (木) | DOMMUNE(ドミューン)

「The Mystery of GORGE/BROADJ♯856」〜ゴルジェ、この呪術的NU GROOVEの神秘…

出演:hanali(GORGE.IN)、HiBiKi MaMeShiBa、斉藤辰也(パブリック娘)

DJ:dubstronica(GORGE.IN/ヌルマユ/SUGODJs)、HiBiKi MaMeShiBa

LIVE:hanali(GORGE.IN)

 

インド~ネパールの山岳地帯のクラブシーンで生まれたジャンルで、低音の強調とタムの連打が生み出す呪術的なグルーブが特徴」と一部で話題騒然、最近ではこれまた日本でも猛烈に熱い「Juke/Footwork」シーンとも素敵な化学反応を起こしている「GORGE(ゴルジェ)」。その秘密のベールが脱がされるようです。

 

■「The Mystery of GORGE」インド~ネパール発のジャンルと言われるベース・ミュージック、Gorge。タムによって構築されたそのビートは、2012年、日本のアンダーグラウンドシーンにおいて爆発的な普及と進化を繰り広げ、その現象は”Gorge Explosion”と言われた。また、過去の音源をGorgeとして再評価する”Gorge考古学”の試みも着々と進行している。しかしその素性については多くの謎の包まれ、未だ全容を把握するものは居ないという。今回のDOMMUNEでは、Gorgeエヴァンジェリストのhanali、Gorge研究の第一人者HiBiKi MaMeShiBaを迎え、ライブとDJのデモンストレーションを交えてGorgeの魅力と謎について徹底解剖!当日一体何が明かされるのであろうか?
DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2013/04/04 (木) | DOMMUNE(ドミューン)より

 

GORGE INGORGE IN(公式サイト)

 

日本でもゴルジェ公式のbandcampでいくつかのコンピレーションアルバムやアーティストアルバムが購入可能です。

 

 

 

 

 

 

それらのGORGEトラックを使ったDJをボクも公開しています。

 

当日は、日本のGORGEシーンを牽引するhanaliのライブも行われます。暗闇にヘッドランプというhanaliの呪術的なライブは必見です。

 

 

DOMMUNEの公式サイトではスタジオ観覧の申し込みも行われていますので、お時間の許す限りぜひ遊びに来てください!

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION 2013/04/04 (木) | DOMMUNE(ドミューン)

 

【告知】4/27(土) 『風呂と音楽』というイベントでDJをします。


 

 SSDJ

おしゃれじゃない音楽イベントやります – インターネットの備忘録

ブログが電子書籍にもなっているブロガーはせおやさいさんが、最近話題の綱島温泉でイベントをやるということで、DJをやらせていただくこととなりました。

 

風呂と音楽

おしゃれじゃない音楽イベントやります。

東急東横線「綱島」駅すぐそば、創業1947年、三橋美智也が下積み時代に働いていたこともあるという由緒ある「綱島温泉・東京園」にて開催。
チケット代に入浴料込み、飲食持ち込み自由(ゴミは持ち帰ってね)というフリーダムさで気ままにお過ごしください。

4/27(土)
開場11:30 開演12:00
TICKET 2,000円

会場:綱島温泉

 


大きな地図で見る


-----

◎ACT:
DaisukeSugimoto(Live)
dubstronica(DJ)
asuka tanaka(Live)
MASAYUKI KUMAHARA(Live)
はせおやさい(DJ)

◎FOOD:
リッツパーティ(リッツ部分のみ提供)

◎DRINK:
ご自由にお持ち込みどうぞ

◎参加申し込みはこちら → 風呂と音楽 (「チケットを申し込む」とありますが、参加表明のような扱いで、実際の入場料は当日会場でのお支払いとなります)

 

出演者のひとりの入ってはいるものの、 3本のライブはみなCDリリース経験のあるアクト!Daisuke Sugimotoさんは『ヌルマユ』で、asuka tanakaさんは『ねむみ』でご一緒させていただいていますが、アルバムそうとう良いです。(ボクも買いました)

チケット代に入浴料込、ということで、LiveやDJを聴きつつ、好きなものを食べたり飲んだりして、温泉にも入って、という不思議なイベント。

店内紹介」にもあるような温泉+宴会場フィーリングなので、早まりすぎた忘年会気分でお越しいただければいいかな、と思っています。

お風呂とお酒はかなり酔いそうなので、十分な水分補給なども忘れないようにしましょう。

 

さて、そんな風変わりなイベントを開催することとなったはせおやさいさんがその道程をご自身のブログにまとめています。

普通は箱を借りてDJパーティー!って感じでやるだけでも初めての人にとっては高いハードル。それを、場所・機材・告知方法などなど、思い立ったところから当日までのあいだの流れが読めるというのは、これからイベントやってみたいな、と思っている人にとってはとてもいいHowToになるのではないでしょうか?

音楽イベントの作り方 その1 「会場探し」 – インターネットの備忘録

(エントリーは「その1」からの連載になっています) 

 

イベント開催までの流れを共有しながら、当日はそれがいったいどんな形になるのか!?というのまで一緒の体験できるというのも、また珍しい経験です。

 

みなさま、ぜひLiveActの音源を聴き、開催までの経緯を追うという予習をしながら、当日はゆったりたっぷりのんびりと楽しくアソビましょう!

 

    
(asuka tanakaはCD、Daisuke Sugimotoは左がCD、右がMP3です)

 

 

 

 

【告知】1/20(日) 『SUGO DJs vol.3 – 秋葉原MOGRA』というイベントでDJをします。


 

SUGODJs3

 

 Vol.1につづき、Vol.2も大盛況だったSUGODJ’s、なんと遂に3回目の開催です!

今回も、ありがたいことにDJで参加させていただきます!

 

 


「女子率が高い!!」「インターネットが軽い!!!」と始まったにもかかわらず、気が付けば裸祭りになってしまったあのイベントが帰ってくる…

1/20(日) 15:00~21:00
¥2,000/1drink

<SUGOいDJs>
D-YAMA(MOGRA)
DJイオ(LBT)
tot a.k.a.班長(E3!!! / EXTRA!!! / AMP)
だぶ a.k.a. dubstronica(ヌルマユ/ねむみ)
カツオ(Mankhut/ヌルマユ)
ハッピードラゴン太郎(Mankhut)
前座DOPENESS(ヌルマユ)
カレーパイセン(Mankhut/HIGHJINKS)

<SUGOいVJs>
電光(ヌルマユ)
もっち

———–

SUGODJs vol.3 – 秋葉原MOGRA

 

 

新年そうそうSUGOいメンツで、前回、前々回の盛り上がりを考えると今回もぶっ飛んだことになりそうな予感。

今年は、SUGODJ’sがキッカケで出会ったメンバーが三茶で7年(8年目!?)継続してやり続けているパーティー『ヌルマユ』の43湯目(回目)に出させていただいて、しかもヌルマユメンバーとして合流することになったりと、とても嬉しい出来事があったりで、このSUGODJ’sからの拡がりもステキなことになっていたので、3度も出させてもらえるのは、ホント恐縮です。

今回のオーガナイザーはカレーパイセン!初めてお会いする方々ふくめ、みんながどんな感じでDJするのか楽しみです。

タイムテーブルなどは決まったらまた追記します。

みなさま、しっかり予定あけておいてくださいね。お待ちしております。

 

【告知】9/23(日) 『SUGO DJs vol.2 – 秋葉原MOGRA』というイベントでDJをします。


 

 SSDJ

前回vol.1にも出させていただいたSUGO DJsがなんと2回目の開催。今回はありがたいことにGuestとして呼んでいただきました。多謝!

 


日本のポップカルチャーとテックカルチャーを海外発信するメディアとして、
2012年年初より本格運営したSUGOJAPAN!

さてそんなSUGOJAPAN主催イベント「SUGODJs」と題し、
都内屈指の実力を誇るDJ陣が、普段のDJセットを秋葉原MOGRA流にアレンジしてお送りさせて頂きます。

第2段は、カツオがオーガナイズさせて頂きます。
本当に凄いと思うDJと、今旬の若手DJを揃えてお送り致します!

———–
■日時
9/23(日)
14:00〜20:00

———–
■場所
秋葉原 MOGRA

———–
■CHARGE
¥2,000/1drink

———–
■DJ
D-YAMA(秋葉原MOGRA店長)
トーニャハーディング
カレーパイセン(Mankhut、HIGH JINKS)
skiemo (MIXXXTURE)
だぶ a.k.a. dubstronica(拝むように弾いてくれ)
カツオ(Mankhut,ヌルマユ)
前座BOYZ(ヌルマユ)
———–
■VJ
電光(ヌルマユ)
もっち

<TIME TABLE> 

15:00 前座BOYz①
15:30 前座BOYz②
16:00 だぶ a.k.a. dubstronica
16:45 トーニャハーディング
17:30 カツオ
18:15 D-YAMA
19:00 skiemo
19:45 カレーパイセン
20:30 ハッピードラゴン太郎
———–

SUGO DJs vol.2 – 秋葉原MOGRA

 

ちょっと早めの告知ですが、まだ情報も一部なので、今後詳細などはドンドン追記していきます。皆様、カレンダーに予定を入れておいてください!

追記:
追加のゲスト!とタイムテーブル!を追記しました。ボクは16時から和モノ縛りのBPM100でフロアをグイグイ温めたいと思います。

みなさま、お待ちしております。

 

【告知】Holy Night vol.1というパーティーでDJをします。【7/31】追記アリ


 

 SSDJ

えんらくナイトから3年ぶりにほりくんa.k.a. HolyGrailがなんと主催のイベントをするということで、是非!とDJさせていただくことになりました。

 

 


7/31(火)19:00~23:30

Charge: 2000円(3drink)

DJs:
19:00-19:50(50) Dakota(ハウス)
19:50-20:30(40) chibatch(スカ)
20:30-21:10(40) かんいち(J-POP/Perfume)
21:10-22:00(50) HolyGrail(Vocaloid)
22:00-22:50(50) Dubstronica(BPM100)
22:50-23:30(40) kurimon(オールジャンル)


場所:渋谷 club kinoto

 

 

今回はお会いしたことのないDJの方が多く、きっと遊びに来てくださる人たちも初めてお会いする人が多そうなアウェイ感にドキドキしておりますが、個人的にグッと来ているのがタイムテーブルでボクの次のDJ、hidekさんと一緒のパーティーでDJをするということで、もう4年くらい前からいつか一緒のイベントでDJしたいって言っていたので、感無量。 

終電で帰れる時間設定、2,000円3ドリンクという低価格もうれしいパーティー、ぜひアウェイにプルプルするボクと乾杯しに遊びに来てください。待ってまーす。

【追記】 

うっかり日付を書くのを忘れていました…はなちゃん、ご指摘ありがとう!

【追記2】

タイムテーブル、変更がありました。hidekさんはご都合上参加できなくなってしまったので血の涙を流しながら心のなかで六甲おろしをかけようと思います。

Huluを大きなテレビで観たい!それも安く!小さく!ワイアレスで!『WD TV Live』


 

AMNから案内のあったウエスタンデジタルジャパン株式会社主催「WD TV Live」発売発表会ブロガーイベントに参加してきました。

久々のブロガーイベントですが、ストリーミングメディアプレイヤー『WD TV Live』という製品の発表会、AppleTVユーザーでありHulu大好きっ子であるボクにとってグググッと気になった理由はたった一つ、「Hulu対応」です。

 

AppleTVをこう使っている

『WD TV Live』の話しに行く前に、今では無くてはならないモノになっているAppleTVのボクの使い方を。

うちのテレビは基本AppleTV専用といってもいい状態で、起きたらTVつけてAppleTVにiPhoneに入ってる音楽をAirPlayで飛ばしてます。

以前買ったスピーカーは今はもうMacBook Airにはつないでなくテレビにつけっぱにしているので、MacBook Airで音楽を聴く時もワイアレスなAirPlayでAppleTVが繋がってるテレビに飛ばしてそっちのスピーカーから聴いてる。

オーディオ/ビデオ機器をめったに移動しないテレビ周りに集結させ、好きなところに動きたいMacBook Airや持ち歩くiPhoneに入っているデジタルコンテンツをワイアレスに飛ばす、これに慣れてしまうと、快適すぎて大変。電源コードなども集結したほうがまとめてきれいにしやすいですしね。

 

Huluをこう使っている

海外ドラマ『Lost』からはじまり、決定打の『ウォーキング・デッド』と怒涛の勢いのHulu。 最近ではまさか観るとは思わなかったドラマ版『モテキ』なんかも見ちゃいました、Huluで。

このHulu、1ヶ月たった980円でドラマ/映画が観放題というだけじゃなく、デバイス間のレジューム機能の引き継ぎが結構ありがたく、電車の中でiPhoneで観て、家に帰ってMacBook Airで観て、寝る前にベッドでiPadで観る、なんてことをしてもきちんと続きから観れるスグレモノなので観たい時に観たいデバイスで続きから、という沼視聴が可能です(涙。

 

AppleTVとHuluでもっとこうしたい!

そんなAppleTVとHulu、便利であればあるほど欲が出る。

たとえば、HuluをMacBook Airよりも大きい画面のテレビで観たい。Hulu対応テレビやセットトップボックス、ゲーム機を買えば済むのかもしれないけれど、どれもHulu以外にやりたいことがないのでちょいお高いです。

また、AppleTVにAirPlayで飛ばせるコンテンツは限られているので、iTunesで管理しているデジタルコンテンツかiPhoneの画面自体のミラーリングでまかなっていますが、MacBook Airの外付けHDDで管理している(iTunesで管理していない)ムービーとかは、MacBook AirをHDMIケーブルでテレビに繋いでじゃないとテレビでは観れない。Huluをテレビで観たい。時はMacBook AirをHDMIで繋ぐかiPhone 4Sをミラーリングしてます。でも、HDMIケーブルでMacBook Airと離れたテレビを繋ぐのは美しくないし、iPhoneのミラーリングだとどうしても画像が弱くなる。(HuluアプリがAirPlayに対応したらいいのになー)

 

WD TV Liveはその溝を埋めるのか?

今回、ぜひ発表会に参加したいな、と思ったのもこういう要望に鍛えてくれるモノなのかどうか、とても気になったから。値段によってはHulu専用機でも良いし、プラスαがどこまであるのか、すごく期待していました。

ちなみに、「WD TV Live」の概略はネット上の記事なんかが詳しい。

『Hulu』も観られる!ネットワークメディアプレーヤー『WD TV Live』登場

リリースはHuluと共同だったらしいですが、「『Hulu』も」というキャッチが、かなり魅力的になってる事自体、日本での一部のHulu需要がグイグイ来てるのがわかりますね。

 

WD TV Channel You


※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。 表示出来ない場合はこちら

 

イベントとしてのレポートは他の方々のものを参照いただくとして、「じゃあ、ボクはWD TV Liveを買うか?」という視点のみで聴いていて気になった点はこんな感じ。

 ・オンラインコンテンツの需要

アタリマエのことでしょうが、これに対してきっちり考えてらっしゃる。どうしても期待してしまうニコ動とかustとかのストリーミング系にもとても前向きな姿勢を感じました。こればかりは技術面だけで同行できるわけではないので、こういうセットトップボックスにそれぞれの需要があるというくらいファンがサポートしてメーカーさんに頑張ってもらうしか無い。今回の日本版Huluの採用はそのあたりのニーズがマッチした感じですよね。

・AppleTVを意識している

これまた当然、意識して差別化を図ろうとしてらっしゃる。「Appleの閉じたエコシステム」に対してオープンなスタンスで対抗していくようです。ただ、ボクはAppleユーザーなので閉じていることはそれほど問題ではないけれど、Appleだからやらないことが出来るのであれば、それはありがたい。AppleTVでHuluが観れないならウチで、と思ったかどうかはわからないですが、Huluを載せた、というだけで少なくともボクはなびいた。

その他、ワールドワイドでは契約しているものの、日本ではサービス自体が開始されていないVODサービスはたくさん載っけてるんですが、こればかりはVOD側が頑張って日本展開してくれないと、ですものね。

・ネットワーク・メディアプレーヤー

今、ボクが感じている『WD TV Live』の魅力が100だとすると、70はHuluですが、のこり30はこの部分で、WD TV Liveは2つUSBを持っているので、ここにHDDを繋いだり、ホームネットワーク上のHDD・Mac・PCなどにあるデジタルコンテンツもWD TV Liveのプレイヤーで再生が可能。

ムービーの入ったHDDを繋いでおけば、MacBook Airを起動してなくても視聴が出来るし、AppleTVが対応してない部分を多少カバーできると思います。

 

買うの?買わないの?

ボクが無知なので、こういうことは他の機器でも出来るのかもしれないのですが、この値段(1万ちょい)とコンパクトさとであれば、勢いで導入しちゃうかもしれない。ただし、AppleTVとどっちが良い?と訊かれたら、iPhoneユーザーで(でさらにMacユーザー)にはとりあえずAppleTVを勧めます。

ヘビーなHuluユーザーで、テレビ周りの機器がHuluに対応してなくて、しかもHuluを大画面で観たい!って人は十分ありじゃないでしょうか。たぶんボクは買っちゃうな。

また、ほんのり期待はしてるんです。日本で展開しているVODサービスもほかにまだまだあるし、WODに対応したら、とか、RISEオンデマンドもあるぞ、とか。

だから、もうひと押し!もうひと押しがほしい!

 

 

 

 

イベントの最後に

発売前(発売日は6/1)の『WD TV Live』を5人にプレゼント、ということでじゃんけん大会がありました。

残念ながら『WD TV Live』のじゃんけんには負けてしまったのですが、HDDのメーカーさんということで2TBのポータブルHDDもなんと5人にプレゼント!おかげさまで、こちらはがっつりじゃんけん力を発揮していただいて参りました。やったー!

 

 

 

 

1 2 3 4

ホーム > イベント

 

 

 

 

最近のコメント
アーカイブ

ページの上部に戻る