そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

2017年5月の特に気に入ったアルバム

5月は珍しくラップばかり聴いていました。それはこの本を読んだから。すごい面白かった!

ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで

ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで

 

ラップに関する趣味は、かつて正方形だった頃のele-kingに載っていたDJ Shadowを筆頭とするアブストラクトなものや、コンシャスなものというのかジャジーヒップホップと言えばいいのか、そういうものが好きなので、それに近い音は新しいものでもたまに聴きはするのですが、最近はそれ以外はなかなか聴く機会がありません。トラップがあまり得意でないのでおそらく最近のものは余計足が遠のいていたと思います。

そういった私が苦手なものやイマイチわからなかったことが目から鱗でスルスルと興味が出てきた。苦手だと思っていたものの良さもちょっとわかってきたかもしれない。Migosとか聴くようになってきたし。

そうやって、本を読みながらAppleMusicでいろいろと聴きました。

続きを読む

夏までもうすぐだぞ!!!

いろんな理由でお休みしていた筋トレを再開するには絶好の時期が来ましたね。調子はどうですか?

私といえば、懲りずにやってる筋トレ、いろんなことをたくさん試してみる時期を少し過ぎ、基本に立ち返ってひとつひとつの動作を見返してみる時期に差し掛かっています。

続きを読む

映画『アメリカン・スリープオーバー』:みんなの胸がキュンとするあの時をもう一度

総天然の甘酸っぱさとほろ苦さがこれでもかと味わえるあの最高のティーンエイジ・ムービー『アメリカン・スリープオーバー』がとうとうソフト化に向けて動いています。

www.makuake.com

残り21日とわずかになりました。この長らく日本未公開だった本作がGucchi's Free Schoolの尽力により映画館で上映された際にチャンスを逃さず鑑賞できた人たちはおそらくすでにこのプロジェクトの支援をしていると思いますが、この映画をまだ経験していない人たちにももっともっと届いて欲しい。買って損しないと思える作品です。

続きを読む

映画『ムーンライト』:月の下でただただとめどない話をし続けようよ

moonlight-movie.jp

映画『ムーンライト』をようやく観ました。作品賞の受賞など、幸か不幸か公開前に少し斜めの角度から取りあげられることが多かった本作ですが、事前情報を最低限に留められたおかげで、あまり身構えることができないまま鑑賞できました。これは本当に良かった。

ガツンと脳天を殴られるかのような衝撃を受ける映画もあれば、トロ火でジワジワと内側から温めていってホロホロになった心をいとも簡単にほぐしてしまう映画もあります。どちらが良いというような問題ではなく。本作は後者のタイプの傑作だと思います。

観おわった後も行き着く所のない余韻がつづいています。そういったものを頭に中に思い浮かべながら声に出すなら「あぁ、良かった」の一言に変換してしまうのですが、それはあまりにふらふらと『ムーンライト』のもつムードに、まさにその明かりの下にいたいという感覚に近く、だから感想と言うよりはただただ反芻するようなことを続けています。

続きを読む

【スポンサーリンク】